TOP > 社会 > マイナビニュース > 富野由悠季監督が...

富野由悠季監督が語る「アニメの専門化とリアリティの喪失」、そして『ガンダム Gのレコンギスタ』 (1) 「アニメーションに未来なんてねえよ!」それを突破する方法はひとつ | マイナビニュース

41コメント 登録日時:2014-03-24 22:43 | マイナビニュースキャッシュ

ゲストにフランスのアニメビジネスのパイオニア、セドリック・リタルディ氏と人型二足歩行ロボットの開発に携わったシャフト社を立ち上げ、経営に関わった実業家・246キャピタル株式会社の加藤崇氏を招いて、『アニメの未来』について語る……のだが、富野監督は開口一番、「アニメーションの未来についてです...

Twitterのコメント(41)

さすが富野というか今のアニメ業界でマトモなのこの人ぐらいしかいないわやっぱ

狂って狂って狂ってたら世の中が狂いだしたからマトモになってしまったというかなんというかw
富野由悠季監督が語る「アニメの専門化とリアリティの喪失」 作品とは作品としての様式、スタイルなり、矜持がなくては
リアリティの消失の記事あった、だいぶ独自解釈してたんでこれ読んでください!>
結局、楽しいねーとか言いながら作った作品より、いろんな人が頭を痛めて作った作品の方が面白くなるのだろう。
Gのレコンギスタ』
間違えた。こっちからだ(^^;
この人は毒舌家で偽悪家だが、いつも本気だ。
あとでよむ :
ワロタ。>”今『源氏物語』(超現代語訳)を読んでるけど、1000年前から末世、この世は終わりだってずっと言ってるんだから! 未来なんてないんですよ!”
“ | マイナビニ”
クールジャパンを任せられるのはこの禿げしかいないと割と本気で思っている。
リアリティの喪失
あとで正座して読む用 / “ | マイナビニ”
御大もそうななんだけど加藤さんの言葉もグサリと来る。「ブランドに頼らずにモノを売るということがいかに難しいことなのかを知らないで戦略やマーケティングだけで考えて、モノを作って売るというリアリティを失っている」
キングゲイナーは良かったけど映画三部作のZは凄い話題なった割に酷かったしな…大丈夫なんかな…
ビルドファイターズより子供に見せたいアニメができるのか…
明るく楽しい物…?富野が真っ白になってるぞ…。│
Gのレコンギスタ』(マイナビニュース) ”アニメ好きがアニメに特化した専門職になってアニメを作ったら、自由な作品なんてできるわけがねえだろ!”
御大健在ですなぁ。これは期待が高まる! RT @lukplus_abe: 富野由悠季監督が語る「アニメの専門化とリアリティの喪失」、そして『ガンダム Gのレコンギスタ』 | マイナビニュース
アニメに限らず、芝居に限らず、世界を狭めるとそうなると思う。

それ以外のリアリティ-現実-って在るし要ると思う。

専門家が集まると視野狭窄が…
富野由悠季監督が語る「アニメの専門化とリアリティの喪失」
全部読みたまえ。
これはアニメだけでなく創作に関わる人全てに当てはまる提言だと思う。
(■ 「アニメーションに未来なんてねえよ!」それを突破する方法はひとつ』 ) 富野御大、お元気そうで何よりw
面白かった、少し長いよ
「アニメーションに未来なんてねえよ!」それを突破する方法はひとつ|マイナビ・ニュース|
さすが富野由悠季さん
ああ、この語りたまらなくおもしろいなあ(╹◡╹)絶好調ですね
富野節全開ww
秋まで生きる希望が出て来た!
相変わらずトーク初っぱなから飛ばすよね(º∀º)
マーケティングリサーチは嫌いらしい。
| マイナビニ
開口一番「アニメーションの未来についてですが、未来なんてねえよ!」
こないだも動画で見たけどお元気そうで何より。- Gのレコンギスタ』「アニメーションに未来なんてねえよ!」それを突破する方法はひとつ | マイナビニュース
富野カントクが「アニメ専門学校出た奴らが作るアニメがおもしろくなるわけがない(大意)」的なこと言ってて、賛成ではないけど言いたいことはわかる。
スゴイw 相変わらず飛ばしてますw >
以上

記事本文: 富野由悠季監督が語る「アニメの専門化とリアリティの喪失」、そして『ガンダム Gのレコンギスタ』 (1) 「アニメーションに未来なんてねえよ!」それを突破する方法はひとつ | マイナビニュース

関連記事