北海道新幹線並行在来線問題、長万部町は「旅客廃止」の意向 - 鉄道ニュース週報(291) | マイナビニュース

ツイッターのコメント(54)

新幹線の駅が将来設置される長万部町だが、明るい話題の一方で並行在来線である函館本線は、現在存廃の危機に立たされている。
だて本線のおしゃまんべ〜おたる間は存続厳しそうだもんな…
並行在来線って難しいね。:
函館本線の山線はさすがに終わりが近いか
長万部より南は貨物のみ残す模様
北海道新幹線札幌延伸に伴う並行在来線問題はこちらの記事などが新しいのですが、長万部あたりが不要という話をしていたりでどうなることやら、という感じですね
こんなのも鉄道をインフラじゃなく営利事業としか考えない連中の近視眼で起こる無用の騒ぎといえよう
まーた鉄ヲタが葬式始めるし本当にロクでもない
これで、北海道方面の旅は、青春18切符だけでは更に困難になるが、北海道の現状を考えれば、そうもなるだろう…
これ需要ないって書いてあるけど、もっと接続よかったらもうちょっと需要あるんじゃないのかな >
新幹線が開業してから約60年近くたち、並行在来線問題の議論からは逃げられない

旅客需要はなくても、貨物輸送需要はありますし、陸海路の輸送モードの選択肢を持つことは国の危機管理としても必要ですし
北海道新幹線てこんなルートなんですね。全然知らんかった。
北海道新幹線の影です。長万部-小樽は並行在来線の中でも一番の過疎地で、貨物も走っていないため今までのルールでは存続は困難です。
杉山淳一氏「そろそろ整備新幹線建設の枠組みそのものを考え直してほしい」
考え直すべきは、整備新幹線計画そのもの。電化の需要もないところに、新幹線という線増をしたらオーバースペックになるのは自明。新幹線ありきで決めるから歪みが出る。この四半世紀の検証が必要。
青森のバカな連中は新幹線で街が活性化すると妄想して推し進めた結果、地元住民の足が失われ青森に降りる客も減り貨物も運べず、青森は衰退の一途を辿ってる。
「並行在来線」というなら、なぜ札幌~小樽間もJRから切り離しの話をしないのか?ドル箱路線のこの区間も並行在来線。
新幹線できたら函館本線も札幌以南は死ぬ可能性か。
ということは長万部から函館以南の貨物やばそうやな。
旧札沼線の並行路線バスが廃止になったことを考えると、成し崩し的に公共交通機関全滅も有り得るから、バスも安泰ではないね。
ここまで嫌われてるんだから北海道は新幹線以外全部廃線でいいんじゃないかね
「並行在来線の負担を沿線自治体に求めるという枠組みが問題」
「そろそろ整備新幹線建設の枠組みそのものを考え直してほしい」

ネットワークとしての鉄道(とその意義)への理解が足りていない、この国の鉄道意識には。
盲腸線の赤字ローカル線存廃の意識レベルでは困る。
>そもそも並行在来線の負担を沿線自治体に求めるという枠組みが問題だと感じる。新幹線の恩恵を受ける代償という意味だろうが、新幹線と在来線では担う役割が違う。
貨物は走らせんといけんもんなー。長万部〜小樽は廃止でバスにしたらいいと思うけどね。
並行在来線問題とJR貨物問題と、ただでさえ赤字路線だらけの北海道の鉄道どうするよの根幹の議論は避けて通れないよなぁ。
法令で、並行在来線はJRが維持するか、廃止するかの2択にさせればいいと思う。
3セク化って選択肢があるからもめるんだよ。
作ったらJRにはいどうぞ、在来線は好きにしての整備新幹線の悪い部分がかなり目立つ
在来線は地元が不要と判断したら廃止になるよな.
数日前長万部で乗継の為70分余過ごしたばかり。コロナ禍ライダー姿も少なく町は閑散…。午後2時過ぎかに飯駅弁で有名な「かなや」も車客とJR職員数人が弁当購入。食堂客は私のみ。旅の情緒がまたひとつ消えかけている。

新幹線並行在来線問題、長万部町は「旅客廃止」の意向
そもそも三セク化しなければ並行在来線そのものが問題にならないハズなのだが結局これがあるからややこしい。まさかないとは思うが仮に函館近辺まで廃止となれば「道内の鉄道は終わった」と言っても大げさではない。結論該当全区間旅客は残すべき
長万部以北は完全廃止やむなし、なのは概ね既定路線として決着するだろうが、以南の残し方は悩みどころではある。
いかめし存亡の危機か
マジで?また新幹線によって並行在来線が潰れる…
まあ3セク化して運転継続できるほどの余裕が自治体に無いってことなんだろうけど
由利徹師匠、草葉の陰で、泣くでしようね。
安易にバス転換というが、バスの運転手って少なくなっているんだろう?
ほんとうに、新幹線ができて、地元は廃れる一方だ。
北海道のほうは沿線の人口が少ないから北陸新幹線より深刻。
山線も同様なことになりそう。
#> そもそも並行在来線の負担を沿線自治体に求めるという枠組みが問題だと感じる。
せやせや
新函館北斗と長万部間は貨物鉄道として残すのがまあ妥当なのかな。長万部と余市間は廃止、余市と小樽は三セクというより上下分離方式でJR北海道が運行あたりかな。
“山線”が存続すると思う鉄道ファンは、ほとんどいないかも。上目名駅(信号場)跡を再訪したいけれど、機会がないままレールすらなくなってしまいそう・・・。
貨物についても町レベルでは「知らんがな」という真っ当なご意見。旅客20人じゃバスだよね、利便性から言っても。
これも長万部町としては当然で、町内を通過するだけの貨物列車のために、町の予算で鉄道を維持する道理はない。

なるほどなぁ
こりゃあ函館本線倶知安〜小樽の廃止がくるかもな。現実になれば名寄本線に続く大型の本線廃止だ。
あとで✏️
並行在、最初がしなのだったのが今としてはあかんかったのかな?まぁ、そのあとの東北やら北陸やらで見直すチャンスはあったようにお儲けど。
余市から長万部は廃止、小樽から余市はjr北海道、長万部から函館と青森(か盛岡)まではjr貨物にあげて、三セクが貨物に使用料払えばいいんじゃない?
うむ
そですね
わざわざ札幌まで伸ばさなくていいから旅客無くさないでほしい
正直な話、倶知安・ニセコ―長万部間に関しては現実問題需要的に厳しそうだし仮に新幹線で貨物輸送も将来的に行うとなったら小樽―長万部間全区間廃止が濃厚…かも!?
経営としては旅客輸送を維持するだけの輸送量が無いことは明白で、地元自治体の財政にも体力が無いことも明白で、それでも維持するなら国が負担するのか、長年の課題にもう結論を出さないといけないという。
この周辺
路線バスが
それなりにあるから
住民の方々は
鉄道にこだわってないからなぁ
土地勘の無い人間にとって物凄く不親切な記事ではある。記事に出てくる地名が地図に書いていないので、どこの区間の話をしているのか非常に分かりにくい。

けど、北海道新幹線が延伸したら並行している在来線が消え去る可能性が高くなった。と言う事だけは分かった。
長万部駅といえば急行ニセコの前補機解結、エアコンなしで涼しかった北海道
道内も青函も貨物が課題だけど、青森か盛岡と、長万部か札幌で貨物新幹線に積み替える方が、全体のコスト小さいんじゃないか…
長万部が倶知安になってる…
貨物がないと廃線も視野に入るよね🙁
「並行在来線の負担を沿線自治体に求めるという枠組みが問題だと感じる。」
何も問題ない。長崎本線は函館本線より需要があり同列にできない。
以上
 
PR
PR