TOP > 社会 > 鉄道ニュース週報(188) 北海道新幹線高速化で青函トンネルの貨物列車は? 全面撤退は断念 | マイナビニュース

鉄道ニュース週報(188) 北海道新幹線高速化で青函トンネルの貨物列車は? 全面撤退は断念 | マイナビニュース

20コメント 登録日時:2019-08-31 08:24 | マイナビニュースキャッシュ

「青函トンネルから貨物撤退を検討」と報じられ、後に「全面撤退断念」と報道された。北海道新幹線高速化の取組みについて、情報が混乱しているようだ。貨物列車が撤退しなくても北海道新幹線は高速化できる。まだやるべきことが残っている。...

ツイッターのコメント(20)

メモ扱い。ちょっと古いけど道民にとってはうれしいニュース。鉄路の基本的な考え方は物流>人流であることを国民は知るべき。新幹線が数分短縮されて喜ぶのは誰?
こうなることが予想されていたなら、設計段階で上下線の間隔をもっと広げておけば良かったのでは?結果論ですけど・・・
他の高速化も実施すれば4時間半は切れそうだな
16分は大きい
たかが16分程度のために…
マジで誰得って話
…「(北海道から本州への)物流の高速化」を犠牲にしてまで、新幹線の高速化は果たさないといけない事なのかってね(汗)。>
我々は静観することしかできない / “ | マイナビニュース”
第二青函トンネルを作るなどの検討もされている

良い案だが、莫大な費用が掛かるしJR北海道の財力では無理やろ⁉️
もう1本…掘るしかないんじゃねえの?
全面撤退なんて無理なの最新から分かってるべさ!
全面撤退は断念(マイナビニュース)

それなら貨物新幹線作ればいいじゃん、
貨物用新幹線車両〜
今となっては、竜飛海底駅や吉岡海底駅で貨物列車が待避可能になっていない事が悔やまれますね。
ブレーキを強化して貨物列車ももっと高速運行できるようにすれば、追付き制約条件軽くなるし輸送時間短縮できるしいいことづくめではないか? / “ | マイナビニュース”
新幹線が走行していない夜間に15分間隔くらいで貨物列車を集中的に走行させれば、かなり問題は解決出来る。ただし、陸上部の複線別線が必要だが。
ただ高速化を実現したとしても、利用者がどこまでいるのかが疑問。
東京~札幌間が5時間では航空機と戦えないし、1時間に1本では効率性でも劣る。増発するにも東京駅や青函トンネルの容量問題に直面するから困難。あまりにも遅すぎた計画だよ。
多くの北海道民は、北海道新幹線には乗らない。しかし多くの北海道民は、青函トンネルで運ばれる貨物は生活に関わるものだ。どちらを優先するかは言うまでもない。
新幹線乗ったことある人は、一瞬フワッとすることがあると思うけど大丈夫かな?
線路、枕木の状態は一定ではないし、それがすれ違いポイントだけで発生すると限界は怖い
青函トンネル内は時速140km!というのはかつてのスーパー白鳥が140kmで、貨物列車すれ違いに問題がなかったから。どの速度まで安全かの検証が必要 ---
誰が経費負担する前提なんだろう。

第二青函トンネルを作るなどの検討もされている(引用)
そんなに新幹線早くしても、飛行機の安さと時間には勝てないのに、赤字が増えるだけでは。
以上

記事本文: 鉄道ニュース週報(188) 北海道新幹線高速化で青函トンネルの貨物列車は? 全面撤退は断念 | マイナビニュース

関連記事