TOP > 社会 > 『麒麟がくる』臨場感ある合戦シーンに注目! ドローンで「近接した空撮が可能に」 | マイナビニュース

『麒麟がくる』臨場感ある合戦シーンに注目! ドローンで「近接した空撮が可能に」 | マイナビニュース

初回視聴率19.1%という好スタートを切った長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜20:00~)。智将・明智光秀の青年期を、若々しく演じた長谷川は、視聴者からウェルカム体制で迎えられ...

ツイッターのコメント(18)

「『麒麟がくる』は、大河ドラマ第29作『太平記』(91)の池端俊策氏によるオリジナル脚本。池端氏は、『信長公記』だけではなく、さまざまな文献や資料を読み込み、なるべく史実に基づいたリアルな戦国時代を綴ろうと取り組んでいる」

真田丸と平清盛のみなので楽しみ!😃
二話においての兵士ののんきぶりに納得できるインタビュー。そうだよな、戦が日常なんだもんな。
やっぱあの合戦シーンはドローン使ってたのね!
良かったと思う。

第2回にして‘戦の空しさ’が語られてたので、光秀謀反の動機もそっち関連で描かれてくのかなー

>臨場感ある合戦シーンに注目!
あれ、ドローンだったんだ‼️

戦場にドローン‼️
なるほどなぁ··すごい臨場感やなぁ··って息を呑んだ戦国時代始まる頃らしい泥臭い合戦シーンやった
なるほど!それで戦シーンよかったんだ🤔✨
しかし正直今回の合戦シーンは「なあ大将首だろ」ネタだけが面白くてあとは割と退屈だった辺りは真田丸とそんな差が出なかったぽくも
ドローンの撮影ハリウッドなどでも使われてるが、戦シーンは迫力が出てマッチしてるね!
臨場感ある迫力満点な合戦シーンはドローンで撮影していたんですね?
なるほど迫力あるせんとう
今やスーパー戦隊や仮面ライダーがドローンとか360度カメラを使った新時代の映像で視聴者を魅了する時代だし大河の合戦シーンも従来とは全然違ってくるよな
「織田信秀はしょっちゅう攻めこんできていて、もはや戦いが日常。1年に1回くらい戦争をしているので、ある種ののんきさもふんわり出ていると思います」

そう、「帰って、寝る」が良かった!
うん。あのドローンのカットは良かった!

殺陣も舞踊式と武闘式がバランス良く創られててて良き╰(*´︶`*)╯✨
やっぱドローンか!戦闘シーン相当金かかってるし、手間もかかっててNHKの力の入れ様…光秀にしても道三にしても鎧がカッケェんだよなぁ…色合いもいいし…
なるほど、関ヶ原の頃より牧歌的な雰囲気のいくさを狙ったのね
2020/01/26 14:30


※何かとドローンの話題が増えてきているように2020年は東京オリンピックもありますし、通常国会では法案提出しドローン優遇を政府主導で推し進めておりますね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR