TOP > 社会 > 東北・北海道新幹線東京~新函館北斗間、4時間切り実現も…本音は | マイナビニュース

東北・北海道新幹線東京~新函館北斗間、4時間切り実現も…本音は | マイナビニュース

JR北海道・JR東日本が3月16日に実施したダイヤ改正により、東北・北海道新幹線「はやぶさ」の一部列車で東京~新函館北斗間の所要時間が短縮され、最短3時間58分となった。地元関係者らによる歓迎イベント...

ツイッターのコメント(16)

下り列車も対面乗り換えできるようにすれば、たった4分の時間短縮より効果は大きいのではないか。
現地の事情に疎いので適当なことは言えないですが、はダイヤ作りが下手なのかと思ってしまいますね。最速列車の接続時間が18分とは…
新函館北斗までの所要時間が4分短くなっても、接続が悪いままでは意味がないという意見、中央本線の特急あずさも同じだと思う。
いや、だから北海道新幹線は新函館北斗開業がゴールじゃないって何度言えば(ry
はこだてライナーしっかりしろやw 大赤字路線なんだからせめてここだけでも利用者のニーズに応えんと。
地元の修学旅行は函館が相場だった。自分は青函トンネル利用の年代だが、少し上だと青函連絡船の時代。
時代ですな
北海道行くならやっぱ旅客機でしょ。
* はこだてライナーの乗り換えで18分待たされたとの行に笑った >
新函館北斗から函館への接続が悪ければ意味がないのでは
はやぶさ5号と38号、もう少し東京発着の時刻をずらしてくれたら、新大阪発着の「のぞみ」と乗り継げるんだけどね…。
時間短縮しても、在来線との接続がネックとなって時短効果皆無とか大草原
20分近く待たされるとか、微妙過ぎて何も出来ない。。。
接続の在来線は18分待ちですか。
> 「はやぶさ5号」で従来より4分早く新函館北斗駅に到着した乗客は、「はこだてライナー」の発車まで18分待たなければならなかった。これでは、4分の短縮効果などないに等しい。
コントかよ
「新函館北斗駅と函館駅のアクセス向上も優先してほしい」
別に数分早くなっても乗っちゃえば所要時間なんて気にならないよな。
それよりも待たされる時間の方が長く感じるのが心理。接続時間を適正化したり有効列車間隔を縮める方が有難い。
4時間切っても接続列車の本数が都市部と違ってほっとんどないからなあ。せいぜいコンビニ寄る時間が4分増えただけとも。難しいですね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR