TOP > 社会 > ボディ内手ぶれ補正の搭載も検討、キヤノンに聞くEOS R開発秘話 (1) EOS R開発のキーマンが開発秘話を語る | マイナビニュース

ボディ内手ぶれ補正の搭載も検討、キヤノンに聞くEOS R開発秘話 (1) EOS R開発のキーマンが開発秘話を語る | マイナビニュース

25コメント 登録日時:2018-09-10 11:48 | マイナビニュースキャッシュ

キヤノンが満を持して投入するフルサイズミラーレス「EOS R」。発表会では語られなかった開発秘話を、開発のキーマンに直撃取材しました。手ぶれ補正機構をボディ内に搭載する可能性もあるそうです…!...

ツイッターのコメント(25)

開発秘話に出てますね。

R、位置づけ的にはEOS 5Dクラスのカメラ。
@Borderline1263 Rフラグですね。一応5Dクラスらしいですよ。
かたやEOS Rは「ボディ内手ぶれ補正機構を載せないということではありません。カメラの性格などを判断して選択していきます」といういまいちわからない方針。
写真限定で今までの一眼デジと同じ撮り方するなら悪くないカメラかもしれん。ただ、その前提でも個人的にはGPSなしが致命的で対象外。スマホ連携の不確実性はM100で実証済み。
なるほど。ボディ内手ブレ補正はセンサーの発熱問題が大変なのね。てことはその辺りが他社と比べバッテリー消費が節約されてるんやろな
キヤノン自体が5Dより画質が上と言い切っているのが衝撃だな
さりげなくファインダーのアイポイントを重視して視野角は切り捨てたと話されていて、こりゃー使い難いなと‥‥('-')。
視野角の狭いファインダーで、ろくな目に遭った記憶が無いんですよねー
次機種で直るかな
やはりと言うか見事にこれを買うであろうターゲットに当てはまる事が確認できた。貯金しよー
Rの画像処理エンジンは最新世代のDIGIC 8、気になりますね!
フランジバック長を重視しない理由はミラーが無いが故の後玉配置の自由さからだね
一眼だと物理的にミラーが当たらない距離が限界だから
むむむ🙄
ほとんどの人が5D mark Vというより、6D markⅢと捉えてると思うんだけどなぁ😅
一般ユーザー向けの「CINEMA EOS」を作ってくれないですかねぇ🤔 /
実質5D4の機能を減らしたミラーレス版という認識でよさそうね
画質については5D4相当かな
おー、これは貴重な情報が色々ありますね。ますます Rほしくなった。 ボディ内手ぶれ補正の搭載も検討、キヤノンに聞くEOS R開発秘話 (1) EOS R開発のキーマンが開発秘話を語る
ボディー内手ぶれ補正、今後検討ではなく、もうちょっと具体的な話が聞きたかった。絶対いるでしょ。
>―― R、位置づけ的にはEOS 5Dクラスのカメラになるのでしょうか。
>清田氏:そうだと考えています。
今回のCanon、Nikonのインタビューで共に言ってるのは、ミラーレスの方が高画質レンズを用意しやすいと言ってることかな。
将来性を感じる面白い記事!
カメラの商品企画は自由度が高くて大変そうだけど、面白そう!
よくこんな初代モデル買う気なくすようなこと言うなwwwwwww
センサー新開発とマイクロレンズ変更がポイントやな
準備出来次第手ぶれ補正載せますと言わんばかりな記事だ。。
『当然ながらそれよりも上位や下位の機種も考えてはいます。』もっと安いフルサイズミラーレスが出る可能性もあるのか…。
えっ中級機だったのか……。なるほど……。
発表会では語られなかった開発秘話を、開発のキーマンに直撃取材しました。
以上

記事本文: ボディ内手ぶれ補正の搭載も検討、キヤノンに聞くEOS R開発秘話 (1) EOS R開発のキーマンが開発秘話を語る | マイナビニュース