TOP > 社会 > 10年間生き残れるのは1割…厳しさ増す飲食店経営の現状 - ライブドアニュース

10年間生き残れるのは1割…厳しさ増す飲食店経営の現状 - ライブドアニュース

26コメント 登録日時:2015-01-10 16:55 | news.livedoor.comキャッシュ

飲食事業は開業しやすいが、10年後も営業している店は1割程度だという。どんどん新店舗がオープンする一方、どんどんつぶれているのが現状だ。自店の「価値」をつくり磨き上げていくことが、飲食店経営に求められている...

Twitterのコメント(26)

現実はなかなかのもの…

1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しているというデータもあります。さらに、開業3年では約7割が廃業し、10年後も営業している飲食店はわずか1割程度と…
@GP_02A 「開業3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度」だそうです。気に入っったお店は行ける時に行っとかないとですねー。
飲食店は2年で5割、3年で7割、10年で9割が廃業しているそうです。
最近、一番のお気に入りのラーメン屋がつぶれたので調べてみたら…
昨年1月の記事ですが、今はさらに厳しいかも… 飲食店、開業2年で半数・3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度… 厳しさ増す飲食店経営の現状
うちも来年なんとか10年を迎えられそうだ。。。迎えられるかな?w
”10年間生き残れるのは1割…厳しさ増す飲食店経営の現状”
「1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%、合計すると49.7%。さらに、開業3年では約7割が廃業し、10年後も開業してるのは1割」
消費者の「飽き」と戦うのは大変なんでしょか。
頑張ろうじゃないか!
厳しさ増す飲食店経営の現状

「1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%で、約半数の飲食店が2年以内に閉店…開業3年では約7割が廃業し、10年後も営業している飲食店はわずか1割程度」
戦略を持たずに開業するのがいけない。 /
売上げあがってるのに利益出てないとかよく聞く。【10年間生き残れるのは1割…厳しさ増す飲食店経営の現状】
飲食店に限定した話ではなく、『起業から10年間生き残るのは難しい』が正しいとは思うんだけど。 /
ちゃんとやればいけるけど、安易な考えのオーナーが多いもんなぁ。

/
業界どうこうの外部要因より、問題はシンプルに経営への学びや成長欲でしょ。とらなくても最初は良い、業界イメージ、ふるいにかかるだけ / - ライブド...
そう、ラーメン屋は入れ替えが多いよね。 /
、約半数の飲食店が2年以内に閉店しているというデータもあります。さらに、開業3年では約7割が廃業…
井澤さん がんばって>
儲けが先に出てくる人が真っ先に考え付く業種じゃんか。飲食業で生き残ってる人って儲け以外のビジョンがしっかりしてるよ。 /
厳しいねえ~
ただでさえ乱立してるからね。利用者側に店を選ぶ権限がある以上は適当な経営してる店は淘汰されるだけの話。>
風俗産業も外食産業と同じだね
競合店もどんどん出てくるし、射精産業全体を見渡せば選ばれる理由がないときつくなってくる
以上

記事本文: 10年間生き残れるのは1割…厳しさ増す飲食店経営の現状 - ライブドアニュース

関連記事