TOP > その他のニュース > 外国人による日本の土地買収が大規模に進行 「武器を持たない戦争」 - ライブドアニュース

外国人による日本の土地買収が大規模に進行 「武器を持たない戦争」 - ライブドアニュース

47コメント 2018-01-09 08:46  news.livedoor.com

中国や韓国などの外国人による日本の土地買収が大規模に進行しているという。過疎や少子高齢化で人口減少が著しい地方や離島ほど、狙われやすい傾向に。一度買われると買い戻しは困難で、まるで「武器を持たない戦争...

ツイッターのコメント(47)

日本人って、無欲で平和ボケで脳天気だ
まじで、いつのまにか 日本が半分くらいになってたりして
日本の政治家何しとる!?!!(*`Д´)ノ!!!
中韓の日本買収が止まらない!一度変われた土地を買い戻すのは困難だ。
世界の多くの国では、外国人による土地所有を基本的に「不可」とするほか、認める場合も地区を限定するなど厳しく制限している。日本は野放し状態で警鐘を鳴らす。
いずれ日本人は土地を持たなくなり、外国人の奴隷になるんやろな。
資本主義の原理にのっとれば規制は悪なんでしょうが、これは冗談抜きに規制は必要でしょう。
何年か前の記事だが、いまでも全然当て嵌まる。ビジネスの為、というよりスパイ的な意図もあるから問題。
9条改正に反対している人間は、この現実を知っても考え変わらないのかな
外国人の土地買収自体は合法だが、自衛隊施設や在日米軍基地に隣接する土地が買収されるケースも多い。
良いじゃない。買わせるだけ買わせて、まとめたら法律変えりゃ良いでしょう?
ヽ(・∀・)ノ

奴等の手口を倍返し
上下水道が民間委託になった後、水源の川の水がそこを流れる際、
通行料?とか水の所有権を主張とか
外国人が土地買収しても、固定資産税を「国」に支払う義務があるし、また将来相続する自然人がいない場合、最終的には国に帰属するとのこと。 //
水源地が買われたりとか前から聞く話だけど対策とられてないどころか酷くなってないか(゚Д゚)
特に北海道は酷いって…売国奴は誰だ?なぜ規制しない?俺はいい加減見切りつけるぜ。
★これを放置し続けてたら日本が盗られてしまうぞ!!
色々とヤバイ。気付いた時には手遅れパターン →
日本人が見捨てた土地を買ってどうする???
日本って不思議な国ですねぇ
これは深刻な問題である。下手したら日本🇯🇵人が彼等の目を気にしながら住まなくなるかもしれない!
日本の政治家はとろい❗️
( ・`д・´)法規制を急がないと今よりも更に深刻な事態をまねく事になりかねない
基本ダメにしないと、現行法でも相続にしたって国内法適用と言うが、登記された本人が国内にいなければ意味ないし実効性が非常に低い。
政府は他国からの侵食は野放しなの?対策先延ばしで手遅れでは済まされないよ!
外国籍者、外国の会社、政府機関による、土地売買を一切禁止にすべきだ。99年間貸与という方法も禁止にすべきだ。国土を守ろう。
日本政府!
外国人に大切な日本の国土を売り渡すな!!
早急な法整備を!
これ早急に法整備しないとまずいと思うのになんで野放しにしてるんだろう…
そりゃ金持ってない日本人より外人に売るでしょ
早く対策しないと取り返しのつかない事になるぞぉ!
対馬が心配…
諸国一宮巡りで海神神社には一度行ってみたいのだが。
過疎や少子高齢化で人口減少が著しい地方や離島ほど、狙われやすい傾向がある。外国人による土地買収は、「武器を持たない戦争」なのである
個人投資家による一部の買収では無く組織だって大量の金が流れている。計画的で現時点でさえ様子見、布石作りだという事を認識すべきだ。
法律変えて一定要件満たさない外国人所有土地は国家が強制収用出来る用にすれば無問題。戦争とは大げさ。/
日本はこんな事でいいのか!>
シナの未来は水不足。チョンの未来は国破滅。
ってやっぱ中国寄りなんだ
早急に対処しないといけない。北海道はマジでヤバイよ!
北海道の土地以外にも心配していた事が進行中のよう。法律で制限をかけるべきです。大丈夫か日本!
私は言うべき事は全て言って来ましたので、責任はありません。/
大丈夫なの⁉️関係者たちは警鐘を鳴らしてる人にちゃんと耳を傾けてる❔日本は詰めが甘いからなぁ
中国が土地の所有を誰も出来ないのだから、本邦における、当該国民による土地所有は禁止とすれば良いじゃないか。
ただただ日本国政府が無能なだけじゃん。
くそが 韓国人、中国人は日本から消えてくれ そして日本に二度と入国すんな
これ、マジでヤバいと思います。
緊急対策事案としては、最優先事項と思います。
国の早急な対策・改善を強く強く望みます。
早く禁止の法整備しないと乗っ取られるぞ!
中韓の「日本買収」が止まらない これは武器を持たない戦争
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR