タバコを吸わない社員に有休を増やす「スモ休」 社内での効果は - ライブドアニュース

ある企業の、タバコを吸わない人に有給休暇を増やすという社内制度が話題だ。社内に設けた目安箱の意見を制度化したもので、社長も理解を示しているそう。「吸わないメリット」が考えやすく、この制度で禁煙した社員...

ツイッターのコメント(79)

内容はあれですが
良いにしろ悪いにしろ『喫煙室へ行っちゃう』ことで 非喫煙者とのコミュニケーションが一旦途切れちゃう のと『喫煙者だけの別のコミュニティ』ができちゃう(『ように見える』も含めて)
非喫煙者の有給増やさずに喫煙者の有給を減らすべき。
きっと煙草止めてくれるぜ。(会社も辞めてくれるかもしれんけど)
ほう……なるほろ…
こういうユニーク休日をするのはベンチャー企業が多いですが、自由度が高い企業でテストケースなんでしょうね(^_^.)
いくら有休が増えたところで消化出来ないとなぁ、、
これを実行するのは凄い。もっと応援したい。
喫煙者休憩多くね?ってずっと思ってたから共感してる人多くて安心した
給料あげるか休みを増やすとかしてほしい(笑)あと煙草はコラーゲンも駄目にしていくから肌にもよくないんだとか…結論、吸わない方が1番いいよな
非喫煙者でも飲み物飲んだりとかで休憩してね? /
 
PR