TOP > その他のニュース > 保守派の大重鎮・西尾幹二氏 安倍晋三首相に「国民に対する裏切り」 - ライブドアニュース

保守派の大重鎮・西尾幹二氏 安倍晋三首相に「国民に対する裏切り」 - ライブドアニュース

保守派の大重鎮・西尾幹二氏が、痛烈な安倍首相批判を産経新聞に掲載した。憲法改正に対して及び腰の姿勢を見せることに「国民に対する裏切り」と指摘。「安倍氏、ないし自民党は『保守』とはまったくいえない勢力だ」とした...

ツイッターのコメント(69)

改憲派すら見限るこの浅はかな首相

-
保守系のメディアはまったく安倍批判を載せようとしない。干されるのを恐れているのか、評論家たちもおかしいと分かっていながら批判してこなかった。しかし、本来なら保守の立場こそ、偽りの保守を名乗る安倍政権を批判しなければいけないのです。
@magosaki_ukeru 産経の意図は解らないが、アベ批判ときどきやりますね、腰も据わっていないし持続しないが。西尾幹二の檄文?もあった。
今頃気づいても遅い!💢💢💢
今更大慌てで糞ワロタ。
西尾氏のおっしゃりたいことがよくわかります。安倍さんを「保守」だと思うと政策の整合性がなくなってしまいますが、極左革命政権だと思えば納得しています。
おいおい…
それに、そもそも、憲法改正って右翼だけの意見だと絶対にできないし。国民は、右翼だけじゃないもの。譲歩もだめだよ。国の根幹だから哲学や、国際法との整合性が大事。
@Corgijm2 英明と言えるかどうかわかりませんが、保守本流による安倍批判は次のようです。
西尾幹二先生はとうの昔に見限ってる、私も同意見。拉致被害家族会も民族的な保守派も政治的に利用するだけされて最初から捨てられていたんだよ。貴人に情なしってことさ
安倍首相の政治スタイルって調整型のリベラルだからな。気を見て敏として拉致被害者を取り返す突破口を開き、財務省の増税路線を押さえ込んでるわけで。
そうなんだよねー

安倍首相は、憲法改正、靖国参拝から逃げ回っているし、拉致問題を放置している様に、北朝鮮の核問題に対してもアメリカ、国連任せ!
安倍政権に手のひら返しした保守=西尾幹二氏。
これを今の時期、産経が載せるというのも象徴的。

/
抜粋→本物の保守はみな、安倍氏に愛想を尽かしています

@iwakamiyasumi「本物の保守はみな、安倍氏に愛想を尽かしています」「人間性に呆れている」・・・【保守派の大重鎮・西尾幹二氏「鬼気迫る安倍批判」の真意/ NEWSポストセブン】
この人も頭プッツンだけどね。ドイツ文学それもニーチェが専門で、唐突に「善悪の彼岸」とか言い出したり、すっかり「エクセホモ〜この人を見よ」状態。
嫌いな評論家だけど・・・
「いや、私には江藤さんのように叱咤激励するつもりはないですよ。単純に安倍首相の人間性に呆れ、失望しただけです」
四面楚歌へ着々と。
おぉぉ!?
そういえばけっこう長いことあまり目にしなくなっていたけれど、いつのまにか西尾幹二は保守派の大重鎮扱いなのか笑
ネトウヨが「西尾はサヨクだ反日だ」とか言い出したりして(笑)

ホンモノの保守はYESタカスと百田くらいしか残ってないのか?ネトウヨの人材不足が半端ない(笑)
「保守であればしっかり取り組むべき課題を何もやろうとしなかった。」だって安倍さんは“保守”じゃないもの。西尾さん、気づくの遅すぎです。→
「私は安倍氏については、第一次安倍内閣の頃から、おしゃべりはうまいが、口が軽い、人間が軽いと思っていました。…」
「いや、私には江藤さんのように叱咤激励するつもりはないですよ。単純に安倍首相の人間性に呆れ、失望しただけです」

ほう、西尾幹二氏がねえ。
この記事の「本人に直接話を聞いた」的な部分に出てくる「困難」は、文脈からして「国難」だと思うんですが、手書きメモからの読み取りが失敗してるのかな?
「本物の保守はみな、安倍氏に愛想を尽かしています」
西尾幹二氏が安部批判に転じる。たぶんそーゆう展開になるのでは、、、とは予測していたが、やっぱりね。
一つ擁護するなら、憲法変更は出来なかったが違憲立法の安保法制は成し遂げた
※保守と右翼を分けて考えることは難しいが、それをしないと状況を理解することは難しいのでしょう。安倍氏に対する態度で、保守か右翼かを区別することはできそうです。
〈拉致のこの悲劇を徹底的に繰り返し利用してきた政治家は安倍晋三氏だった。(中略)主役がいい格好したいばかりに舞台にあがり、巧言令色、美辞麗句を並べ、俺がやってみせると言い、いいとこ取りをして自己宣伝し…(後略)〉
コレな。。〈安倍氏、ないし自民党は「保守」とはまったくいえない勢力だ〉 >> - ライブドアニュース
森友学園問題もそうだが、安倍政権の主な支持者層によって自滅に向かっているのが明確になった記事だ。
このような代案のない批判なら誰でも出来る。政策への是々非々はあっても人格までも否定する人を保守の論客とは言ってはいけない。
「西尾はパヨク」とかネトウヨ星人どもが言い始めるんだろうなぁ(棒)。
(ヨーロッパはともかく)我が国の自称保守がリベラルの逆張りでしかなく、思想も定見もないことを正直に告白したことだけは評価してよい ----

阿比留瑠偉、西村幸祐、櫻井よしこ、藤岡信勝がこの西尾幹二の諫言にどう耳を傾けるか、大注目である。
的を得ているではないですか。
産経に掲載とのこと。
西尾幹二氏 〈拉致のこの悲劇を徹底的に繰り返し利用してきた政治家は安倍晋三氏だった。(中略)拉致に政権維持の役割の一端を担わせ、しかし実際にはやらないし、やる気もない〉。
ところが、彼はそうした保守派の過度な応援に甘え、憲法にしても拉致にしても皇室の皇統問題にしても、保守であればしっかり取り組むべき課題を何もやろうとしなかった。
陛下の大御心に反し皇太子殿下に無礼な発言を繰り返す自称愛国者の逆賊が大重鎮ですか。長年「諸君!」の愛読者でしたがwillなど見る気にもなれません。落ちぶれた既得権勢力を慰めるだけの情けない人の同人誌にしか思えません。
安倍がイモ引いて日和ってるから文句言ってるだけか。
ふーん、ネトウヨ安倍信者はどう反応するのかな?
こういうバカウヨからも見放されたとするといよいよ終わり。
人間性に問題がある点は同感。
〟「いや、私には江藤さんのように叱咤激励するつもりはないですよ。単純に安倍首相の人間性に呆れ、失望しただけです」<これが総てを言い表してるかな と。
安倍信者は、素人がワケもわからず熱狂しているだけだから、今後の考えが変わることに期待したい。しかし、言論で食っているプロの『自称保守』の責任は極めて大きい。
TPPにしろ共謀罪にしろ、公約破りと嘘を擁護したことの説明責任を果たせ。
早い話が、西尾氏の思う通りにいかないから安倍批判してるんですかね?
都合よく「国民」と言うけど、国民が皆ガチガチの保守じゃないのわかるでしょ。
西尾幹二がそもそも安倍支持だったとは思えないのだが。
そりゃまあ特亜除く世界的はリベラル扱いだしね、自民党。
「移民受け入れろ」と言ってる時点で保守では無いでしょ。
そうだね。
どんなに嘘を平気でつけ、利権をあさることに熱心な、戦前の権力者そのままのような人間は、やはり右翼の論客でもダメなんだ。
西尾幹二氏が「憲法改正は結局、やれそうもない」って、イラついてる。(笑)
「安倍の人間性に呆れている」「下関に帰れ!」って。
「私には江藤さんのように叱咤激励するつもりはないですよ。単純に安倍首相の人間性に呆れ、失望しただけです」
西尾氏 安倍首相に「国民に対する裏切り」 西尾さん、貴方のお怒りはごもっともです。しかしよくよく熟考して頂きたい。戦後72年、名だたる大物政治家も成し得なかった改憲。何故かは貴方は十二分に理解している筈ですが(酒井豊)
不敬な輩が、保守派の大重鎮って、自称保守界隈終了。
西尾「保守系メディアはまったく安倍批判を載せようとしない。干されるのを恐れているのか、評論家たちも批判してこなかった。しかし、本来なら保守の立場こそ、を批判しなければいけないのです。」
私は安倍氏については、第一次安倍内閣の頃から、おしゃべりはうまいが、口が軽い、人間が軽いと思っていました。
安倍晋三
安倍信者からしてみれば、憲法改正をやるやる詐欺に騙された感があるんだろな…そもそも安倍による改憲など改悪でしかない‼️
=ナチス全権委任法‼️
自民党は保守派ではなく、中道保守〜リベラルの間の政党です
「…5年前の第二次政権発足後に…「安倍内閣の世界史的使命」という大型論文でエールを送った…西尾幹二氏…安倍氏、ないし自民党は「保守」とはまったくいえない勢力だ<ったと非難>…」 自らの不明を恥じ、評論家廃業宣言をして消えなきゃダメよ。
「保守系メディアは全く安倍批判を載せようとしない。干されるのを恐れているのか。しかし本来なら保守の立場こそ、偽りの保守を名乗る安倍政権を批判しなければいけない」
「私は安倍氏については、第一次安倍内閣の頃から、おしゃべりはうまいが、口が軽い、人間が軽いと思っていました…単純に安倍首相の人間性に呆れ失望しただけ」
大重鎮だったんだ! ⇒
いや、でも実際そうでしょう。対特定アジア外交だって物足りないし靖国参拝も出来ないし。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR