自分が開発したゲームをプレイヤーがバグを使いまくり27分でクリアしたら。『DOOM Eternal』タイムアタックへのリアクション映像が話題に

日本ではリアル・タイム・アタック(RTA)、海外ではスピードランという名前で、世界中でゲームの最速クリアを目指すタイムアタックが人気となっている。日夜プレイヤーたちはゲームの穴を探し、どこかに活用でき...

ツイッターのコメント(19)

what the hell!?とthat's amazingの回数を数える動画だった
めっちゃ面白い
クソ面白そうなので夜見る
(ヽ´ω`)あとで見てみるか
ほんとに開発者って感じの会話で面白い
「バグ技だらけのRTAを開発陣が見ながら語る」企画。//
ソウルシリーズフラグ周りもガバいから普通に壁抜けでボススキップして次のエリアへ行けたりしちゃうんだよな
面白かった。
開発者たちの「バグは修正しきれないものだから、そこに何かを仕込んで、見つけた人に驚いてもらおう」という発想はとても素敵。
これ系のRTAこういうの多い印象
~ フムン。
DOOMの開発者がバグ利用RTA動画を見たよっていうことですけど、なんかいい雰囲気っぽいなあ
海外メーカーならバグ壁抜け時専用イベントを本気で仕込んできそうな気がするんだよなー
同様に色々なメーカーの人の反応見てみたい
開発者がこういう動画みてコメンタリーするのめっちゃいいなぁw
まあquake1のロケジャンとかもすごかったよね
よくこんなグリッチみつけるよなぁ....
>グリッチの存在より、むしろゲームが高いフレームレートを出せることに満足していたようだ。
前向き良いねw
>一方で開発者たちは、スカイボックス(ゲームマップの背景)にこのバグを利用したときにしか見られない秘密のメッセージを仕込んだり、意図しないこういった場所を通ったときのみ再生される絶対にスキップできないカットシーンを追加しようなど、大笑いしながら話している
以上
 
PR
PR