TOP > エンタメ > ソニックって、どんなキャラ? 実写化映画が示した「完全無欠のスーパーヒーローではない」という新しいイメージ

ソニックって、どんなキャラ? 実写化映画が示した「完全無欠のスーパーヒーローではない」という新しいイメージ

筆者がこの映画を観て一番気に入ったのは、「ソニック」というキャラクターが、決して「完全無欠のスーパーヒーローではない」というところだ。本作を観る前は、そのいかにも自信家っぽい(?)ビジュアルから、ソニックのことを強くてかっこいい正義の味方のようなキャラクターなのかな、と思っていた。しかしそのイメージはとてもいい意味で裏切られたと言える。...

ツイッターのコメント(8)

この作品は正にこういう人の為に作られた作品であってソニックファンが見るべきではない作品なんだなと改めて再認識できた
これ読んで「あーあ」って思ってしまった
この記事の筆者が感じたキャラ像と本来のソニックはことごとく真逆
ファンには受けいれられん
ソニックが映画化されるとは
夢にも思わなかった。

実写ソニックが示した「完全無欠でない」という新しいイメージ
そうなんだよな、ソニックはあくまでスピード特化だから腕力自体はそこまで無い
信頼のおける複数の方からの感想もこの記事も、実写版ソニックは良い!との評価。これはセガファンとして観なければいけないな……。
知り合いが書いた記事のようです
外見もなんだけど、スマブラぐらいでしかソニックを知らないこの筆者みたいな人に「これがソニック」って性格面での像が刷り込まれるのが本当に一番地獄と思う
以上
 

いま話題のニュース

PR