TOP > エンタメ > なにが「映画」を「ゲーム」たらしめるのか。『Death Come True』が映画の禁じ手を打ち破って表現した「ゲーム的な映画」という新感覚の正体とは

なにが「映画」を「ゲーム」たらしめるのか。『Death Come True』が映画の禁じ手を打ち破って表現した「ゲーム的な映画」という新感覚の正体とは

本稿では『Death Come True』は「映画そのもの」に挑戦した──そう位置づけ、本作の魅力に迫ってみたい。我々は映画がゲームになる瞬間を、本作で目撃するだろう。...

ツイッターのコメント(11)

スキップ(というより早送り?)機能があるっぽい。やってみようかな
最近愛読している電ファミニコゲーマーの記事はどれも面白くて紹介されてるタイトル全部欲しくなる!
モノローグ! 言われてみればそうだ
昔ながらの探偵ものゲームを実写で行ったら...でいいのかな?
「弟切草」みたいなのとは違って“動画の中に選択肢がある”という、映画を見ているような感じ
Ifストーリーを楽しみたいって人なら楽しめるのかなあ

製作陣はダンガンロンパの人、佐藤二朗氏などで結構良さそう?
気になりますよね。

True』が映画の禁じ手を打ち破って表現した「ゲーム的な映画」という新感覚の正体とは(電ファミニコゲーマー)
クリスマスにやる候補が見つかった
かなりがっつりした記事だったので後で読もうっと。
「本作では10秒単位で前後に映像をスキップする機能がある」へぇ>
以上
 

いま話題のニュース

PR