TOP > エンタメ > 仮想世界は「人生の逃げ場」なのか? そこで生まれた「友情」や「恋」はニセモノなのか? 『レディ・プレイヤー1』で『FFXIV 光のお父さん』原作者が感じたネトゲの「夢」と「希望」と「危険性」

仮想世界は「人生の逃げ場」なのか? そこで生まれた「友情」や「恋」はニセモノなのか? 『レディ・プレイヤー1』で『FFXIV 光のお父さん』原作者が感じたネトゲの「夢」と「希望」と「危険性」

10コメント 登録日時:2018-05-24 11:45 | 電ファミ記事置き場キャッシュ

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』が2018年4月20日に日本でも公開されました。まずは本作の公式サイトに書かれているストーリーの一部をご紹介しましょう。また既にCM等でご存知の方もいると思いますが、この「オアシス」という世界には80年代のポップカルチャーを中心に...

Twitterのコメント(10)

“ 光のお父さん』原作者が感じたネトゲの「夢」と「希望」と「”
久々に面白い記事/ 光のお父さん』原作者が感じたネトゲの「夢」と「希望」と「危険性」
・・・観よう。

そこで生まれた「友情」や「恋」はニセモノな…
あとで読む・・。
片方があるからもう片方が活きるって考えはよくわかる。ゲームも現実もどちらも大切。
ワシが死ぬ前に実現してくれんかのぅ。ゲームやってる奴を後ろから悪戯したいんじゃ~

そこで生まれた「友情」や「恋」はニセモノな…
以上

記事本文: 仮想世界は「人生の逃げ場」なのか? そこで生まれた「友情」や「恋」はニセモノなのか? 『レディ・プレイヤー1』で『FFXIV 光のお父さん』原作者が感じたネトゲの「夢」と「希望」と「危険性」

関連記事