TOP > エンタメ > 元ドワンゴ不良社員の今 ― 収入を失うもゲームで一山当て、インディゲームの発展を願うように【INDIE Live Expoスポンサー&主催インタビュー】

元ドワンゴ不良社員の今 ― 収入を失うもゲームで一山当て、インディゲームの発展を願うように【INDIE Live Expoスポンサー&主催インタビュー】

2020年6月6日(土)の20時より、インディゲームの情報番組「INDIE Live Expo 2020」が、インターネットで生放送される。どちらかと言えばゲーム業界でも裏方に近く、決して大規模なわけでもない2つの会社が、なぜ多言語による生放送を世界に向けて発信しようとしているのだろうか。今回はその理由について、小沼氏と斉藤氏...

ツイッターのコメント(19)

読んでて面白い
興味があれば主催者のインタビュー記事もどうぞ。
やっぱりこういう記事は抜群に面白いんだよなあ、電ファミ。だからこそアイマス記事のクッソ適当さに腹が立つんだが
出自が超会議なので、一連の流れは納得。
今はコロナで厳しいですが、心意気や良し。
応援しています。
最高>“一番の動機としては、2人ともコロナでムカついてたんですよ。「この今の状況に対して、何か一発ブチ上げたい」”
斎藤大地くんではないか! こんな活動をしていたとは。おれのこと覚えているかな・・・
大赤字なのね。第2回が成立する条件はなんだろう。
ゲーム実況者は吟遊詩人

>文芸部や演劇部で作品作りをするようなタイプの人達が、あの瞬間、インターネットのおかげで「ゲーム」という自己表現を発見した。
>そこから生まれた作品が、ゲーム実況者という「吟遊詩人」の声にのって、物語として爆発的に広まる奇跡を生んだ
面白かった。
明日にあるという生放送、できれば見たいな。
『RPGツクール』などで作られたフリーゲームがまだ生き残っていて…って失敬なやつだな!!(笑)/
へえあの東方というよりインディーズゲーこの人なんだ
需要を察するセンスがあるんだろうね
ところでTAITAI氏の「フリーゲームを作っている人って、絵やテキストが特別上手いというわけではなく、音楽を作れるわけでもない。でもゲームというフォーマットでの表現にはメチャクチャ長けている。」の言い方はちょっと気になるんだよね。
ボーッと読んでたらJRPG宣言の話が
"でもインディゲームは熱狂しているユーザーが世界中にいて、市場としても可能性がある…もちろん日本にも素晴らしい作品がいっぱいあるのに、世界に向かって情報発信をやりきっているタイトルは、そんなにないのではないかという課題意識が生まれて"
出てくるエピソードの半分くらい立ち会っていて笑えますが、とにかくINDIE Expoは楽しみ。超応援!/ 元ドワンゴ不良社員の今 ― 収入を失うもゲームで一山当て、インディゲームの発展を願うように【INDIE Live Expoスポンサー&主催インタビュー】
うちでアルバイトしてた子がスポンサーになって戻ってきた話。ちなみに番組は土曜日の19:50-開始です。
»
すごく楽しく読めました。
めちゃくちゃ面白いインタビューだから後でまた読み返したいけど、なぜアイキャッチが大地くんソロカットなのか
以上
 

いま話題のニュース

PR