TOP > エンタメ > 川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?──仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!

川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?──仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!

そう遠くない未来、我々は現実世界ではなく、仮想現実に生きているという。とすると、その未来には一体何が待ちうけているのだろうか──?これまで人類は、そうした仮想現実に対して、例えば『マトリックス』や『ソ...

ツイッターのコメント(140)

念のため知財業界にシェア。GOROmanさんは日本にOculusを持ってきてくれたVR業界のレジェンドです。ソフトウェアとかビジネスモデル特許書く人はVR体験は絶対やっておいた方がいいです。弊社にもOculusあるので事務所に遊びにきていただければ体験できます。
久々読み直したらかなり面白かった

なるほど、「企画には社会性が必要」なら、VR世界も理想のユートピアでなく、教訓を得られる実現されざるべき世界が良い?
>ゲームって最初ドットで、それがポリゴン化してリアリティが増していったじゃないですか。でも、どこかでそうした「想像の余地」がなくなっちゃったタイミングがあったんじゃないかと思いますね。
面白かった🎩
今のゲームのキャラモデリングはリアル志向だけど、Vtuberは逆を行ってるよなあ
VR経験してから再度読んでみた。VRにはリアルを求めがちなのでまだVR疲れしていないのかな。/ ()
おもしろい……
VR・AI・未来予想に関する長い対談記事。
川上量生(ニコ動の創設者)×GOROMAN

ギャグの入った未来予想は
昔のSF作家の放談を連想させる。

星新一とか筒井康隆とか……
当時は無茶苦茶を言っていたが、いま実現していることも多いのだよな。
少し前の記事ですが、めちゃくちゃ面白い。

記事でお二人が語られている過去が現在に。

であるなら今見るとディストピアな世界感も予定調和となりうる未来なのかも。。。
読み返した!
記号勢にも3D表現避けられない時世だな。ちょっと前の記事だけどこの記事読んで、記号性を強く意識してるのは熱かった
参考になる対談。やはり川上氏は一歩先行ってる。
80年代から今に至るまでのアニメの主流を見ていくと、だんだんと鼻が小さくなっていくんですよ。たぶん鼻は作画上、表情を構成するのに使えない要素だから退化していったのかなと思っているんですけど。

な、なるほど🤔
川上氏:でもさ、夢とかでよく「とにかく服を着たい」と思いながら全裸でさまようやつを見るよね。

おれも見る!!
わざわざ仮想現実を現実に寄せる必要はないんだよね。簡略化による情報量の逆転とか脳へのストレスとか色々興味深かった。
ぶっ飛んでいるけど面白い。こんなコミュニケーションが当たり前になるのでしょうか?
>「生身の人間は雑味があって気持ち悪い」
わかり
VR空間は現実世界と同様のリアルを求める必要が無い、と言うのは私も同意見。だからリアルタイムレイトレーシングみたいな技術は、それはそれで追求して面白いと思うけど、VRに必須では無い。その分リソースを振り分ける先は別にあるのでは無いか。
めちゃくちゃ面白かった
テクノロジーと倫理は常に衝突が生まれるものだが、倫理よりも合理性によるメリットが上回った時点で、社会は再構成される

川上量生×GOROman 「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?  @denfaminicogame
仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!←認めたくないけどその通りだわ
面白かった。
わしももうちょっとポリゴン数増やさんといかんわ
めちゃおもろくて読み応えある
おもろくてウィルキンソン吹いた
返してw
>全裸で会議にでたり、おじさんを抱きしめたり、AIに媚を売りながら課金したり、「生身の人間が気持ち悪い」と言い放ったり>
すっごい的確に未来を語られてる気はするのだけれども、生々しすぎてイイね!とヒドいね!が混在する。w
同じ時間を共有せずに同じ空間を共有するとか、ホントに未来感ある。
やっとこさ読んだ。めちゃくちゃ面白かった。自分用メモ
面白くて興味深い話だった。 →
世間をでかいAIだと捉えて自分の好みとか、とりあえず発信しとけば世間が自分を学習して自分にとって最適化すると考えるとツイ廃って世間を最適化させるプロなのでは!?

川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?
VRCや今までの映像作品等を比べながら現在進行形の話と未来の話してるのすごい、、、さすがすぎる。
VR ZONEでマリオカートしたときに思った。マリオの毛穴を見れても仕方ない。
@GOROman 氏の着てるオリオンサイダーTシャツが気になる。 /
めちゃくちゃ面白かった / “川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?——仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!”
この記事面白かった。
面白い。。。なんだろ、体験の非対称性の話とか仏教の唯識思想とかに通じていく気がするよね
vtuberが日常系アニメってすごいわかるwwほんと、垂れ流し放送を延々やってほしい
まさかのROOMMANIA#203の話が出て変な声出たwwwwww
やっぱり VR で演劇すべきなんじゃなかろうか。そもそも嘘なんだし。
まぁそれはそれとして、この対談は読んでて溜飲が下がるなぁ。

「VR は人によって非対称な体験であり得る」
そろそろリアリティを管理するOSがでてきてもいいころ
この対談はアツイ、面白い記事だった。
おもしろかった...。GeForce20180Ti...笑
凄く興味深く面白かった!VR=HMDではないというのが整理できた!
対談内容が面白すぎる。SFとリアルをミックスさせた濃ゆい内容で参考になりまくりです。
面白すぎる対談。
・脳の情報量の最適化
・非対称・非同期のVR体験
・情報アセットの希少性の担保
・意思決定の非論理化
どの話も必見。
「生身の人間は雑味があって気持ち悪い」とか「全裸でVRミーティングに出てみたい」とかヤバいw
バーチャルレアリティとかAIの話もめっちゃ面白い。
これは濃い内容!
どんな未来になろうと現実であれば、意外と受け入れてしまうものです。
柔軟に対応していきましょう!
固定概念を捨てて進化しましょう!
ハイパー面白かった!Detroitやらんと
面白い人の話はネタが暴走するぐらいが楽しい。
めちゃ面白かった。
ようやく全部読めた。後半も面白かった!VRの活用法は結構目からウロコもあった。長く使ってる人は違うね >
もっと見る (残り約90件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR