TOP > エンタメ > 「夢見りあむ」という炎上アイドルは、アイドルになることはできたのか?

「夢見りあむ」という炎上アイドルは、アイドルになることはできたのか?

この記事では炎上アイドルと言われている彼女の持つアイドル像や言動を分析して、夢見りあむという存在について考えていく。...

ツイッターのコメント(68)

デレマスの新キャラの子か。
イラストやファンアートをよく見かける。
面白い子だね。
この記事面白いな
こ、ここまで真面目に一ソシャゲキャラを考察するとは…やっぱり電ファミって面白いわ
理想のアイドル像に届かなくて、それでも頑張る現実のアイドルさんは何人も見た。
「夢見りあむ」が多くの人に認められたという事実は、そういうアイドルさん達にとっても、希望なのかもしれないなと。
数日前にりあむに関する記事が電ファミニコゲーマーから出てるけど、良い記事だ
”「内なるステレオタイプによって苦しむ人間」が新たなタイプでいることを見出すという、夢見りあむによる夢見りあむのための救済の物語となっている。じつに現代社会的なこのテーマの中で、夢見りあむは普遍的な人間のあり方である方法のひとつを提示してくれているのだ。”
アイマスのキャラがアイマスに対しての強烈なアンチテーゼになってるって事が人気の秘訣だと思ってる。
電ファミのりあむの記事が何度読んでも解釈の一致すぎて100点満点
夢見りあむには「アイドル」への拘りはあっても「シンデレラガールズ」ってブランドや環境への拘りは薄いから、そこが夢見りあむ否定派と違う。だから「守りたいものが一緒」ってところに疑問が残る。考察を読んでも否定派の態度の軟化は難しいと思う。
書いた記者がデレマスやってないんじゃないか的なのも書いてあったけど、やってなくてここまで推測して到達できたのなら天晴だとボクは思うけどね。
予想以上にわかりやすく詳細に夢見が説明してあって感心した
思ったより深いんだよな夢見りあむ……
「夢見りあむ」という存在に、恐ろしいほど真面目かつストレートに迫った珠玉の記事。スラスラ読めるしスルスルと理解できる。見事に過ぎる。
めっちゃタイムリーな記事を読んでしまった
こういう子やったんか
お気持ちかと思ったら論文だった。
出てきた時に「共感と反感を同時に起こす」という「(外見ではなく物語として)なんて周到にデザインされたキャラだ」と衝撃受けたんですが、その理由が描いてありました。
>
自分は、アイドルと言うかネタキャラ扱いだからな〜!確かに笑えるけど票は入れないポジション。
何故アイマスはこう反革命分子みたいなク(イカ略)
りあむ考察のお手本。
そう、自ら輝く存在がアイドルなんだよ。
めんどくさいファンが書いたブログみたいな記事広告やなw
わかりやすい
- 興味深く読めた。「夢見りあむ否定派と夢見りあむが守りたいものは一致している」は面白い。前回総選挙で少しは投票する程度にはこの飛び抜けた個性が気に入ってるなぁ。
記事読んでたらキャラクタの話してるのか作りの話してるのか現実の話してるのかよくわからなくなった。名文かもしれない。
りあむの言ってる理想のアイドルって昭和のアイドルみたいな
完璧超人というか今のアイドルとは違う距離があって煌びやかな存在で
まぁそれはなれんよなと好感度上がってる。
タイトルでクソ煽られとる割に真面目な記事だった
りあむに良く分からない嫌悪や拒絶を抱くPほど
見てみると面白い発見がある記事かもしれんねw
面白い記事だよ…
メチャクチャに良い記事
完全に解釈の一致だったのですこれる
500RT:世を騒がせる「夢見りあむ」が示す“新アイドル像”


『デレマス』に登場した新人アイドルは、自身もアイドルオタク(クソザコメンタル)なキャラクターを抱え、問題を起こし続ける。「アイドルらしくないのにアイドルらしさを追求している」彼女が示すものとは
この記事、読んでてイマイチピンと来ないというか又聞きみたいな表現が多いなと思ってライターと編集者のTwitter垢覗いてみたんだけど、どっちもデレどころかアイマスの話自体全くしてなくてなんだエアプかよとなっちゃった
@hayate3173

こんな記事流れてきたんですけど1枚目みたらふといな???ってなりましたーね
こういう解釈をできるのがりあむなものの、そのためのソースがSSRなので若干敷居が高かったりするなと
反夢見りあむ派と夢見りあむが守りたいものは同じ…はちょっとハッとしたな。言われりゃそうだ。

まぁ当初から徹底して存在自体が前衛芸術だしなコイツ。
いいなあこれ
「自分への解釈違い」って今までにも言われてきたけど綺麗にまとめられている
夢見りあむの教科書と言っていいくらい分かりやすく良い記事だった…
情熱に溢れた良い記事でした
普通に好きですよ、りあむ。
森久保推しだから信用されないかもだけど^^
りあむの言葉を一部だけ抜き出すと完全に炎上発言なのに、その発言がまとまってくると言いたいことや伝えたいことが見えてくるの、本当に良く出来てるよね。言葉足らず。良い。
チヤチヤホヤヤチヤホヤヤして甘やかしたいアイドルりあむちゃんすこすこだいすこずっとすこだ!よ!
めちゃめちゃいい話だった
Googleのおすすめ記事ありがとう
りあむ自体はかなりの肯定派だけどこの文とは惹かれる部分が違う、モヤモヤした気持ちになった
なんかどっかで読んだことあるような詰め合わせだな
どのプロデューサーはりあむの良き理解者かもしれない。それがわかるのはりあむのこれからを見た後かもしれない。
シャニマスの三峰結華に対する怪文章みたいで好き これ位りあむを読み取ってからあの曲を聞くと違った味わいがあるよな ついでに言うとおねシンの…
読みごたえあるなあ
着眼点も鋭い
商業記事でしっかり考察してていいぞ~
愛成来来さん、若干かぶってません?😎
なんだこのプロジェクトXみたいなドキュメンタリーのナレ台本にありそうなタイトルは
この記事面白いから読んでみて。
ここまで深い人格あるとは。リアルとバーチャルの区別はとっくに過去の物。 "「夢見りあむ」という炎上アイドルは、アイドルになることはできたのか?(電ファミニコゲーマー)"
>彼女の持つアイドル像や言動を分析して、夢見りあむという存在について考えていく
>既存の概念にとらわれない自分自身が目指すべきアイドル像を作るという表明

結論:ピンク髪はえっち
「実装されてすぐの総選挙で3位になって突然大舞台に立たされた」っていう運営側がコントロールできない結果がちゃんとゲーム内に反映されて、それに沿ってキャラクター像とストーリーが形成されていくのマジですげぇな。デレマス、「リアル」だな。
「歌って踊れる本能寺」「自分との解釈違い」など、りあむは本当に面白いなぁと思う。
ちょうど今日引いたとこだったのでタイムリーなネタが
以上
 

いま話題のニュース

PR