「独身男性が猫の譲渡受けるの不可能じゃん」という書き込み 実際の保護猫譲渡会ではどうなっているのか | キャリコネニュース

ツイッターのコメント(23)

独身はダメというのは分かるけど(ペット飼ったことあれば分かると思う)、独身男性はダメで独身女性はOKだとしたらそれは性差別でしかない。
過去に独身男性に譲渡したらうんたらかんたらとあるけどそれは譲り受けた人の個人の質の問題であって性別とは全く関係ない話だ。
讓渡ってかなりハードル高い。
未婚の同棲カップルでも不可が多い。
「身男性に譲渡したら、その猫が行方不明になった」とか「虐待された」とか、NGを出すに足るだけの理由というのがあるケースも。それで独身男性への譲渡の条件を厳しくしたり、不可にしているというのも理屈としてはわかる」

完全に性差別
無辜の猫好きがとばっちり受けること考えると、動物虐待犯を公開処刑にしてケジメを付ける方が、社会的には善いことだと思われる。
譲渡する側から見れば悩ましい問題なんだけど、保護活動しているのは大半が女性なので、お見合いまでいっても女性に好感を持たれないと難しいと思う。:
終身あずかりは知らなかった。そのつもりはないけれど。
僕は保護ウサギを迎え入れようと考えていた事があるけど、諸々の条件が厳しすぎて断念した。
僕の家の視察に数名が来て、その往復の交通費を負担しなきゃいけないとか。

仕方ない面もあるのだけどね。
これは悲し過ぎる…。

でも正直なところ、
独身おっさんが猫と戯れてたり、
犬と散歩してるのは、
気持ち悪く思われてんだろうなぁって想像はしてる。
ま、最近の虐待死報道を聞けば至極当然の理由。
だいたい、犬猫はおもちゃじゃない。飼うにはある程度の覚悟と金は必要だ
独身男性が保護猫は不可
実態はこんなもんじゃないしスキンヘッドの俺見た目で無理と何回言われたか🤬
愛護団体信用してないし保健所も敵な俺🤬
いやむしろ独身男性こそ保護されるべき存在
もっと愛を(/・ω・)/
独身男は保護猫を譲渡してもらうことすら困難…理由は「虐待する人がいる」「ペット可物件に住んでいない」など
ちゃんと手続き踏めば独身男性だって譲渡受けられる……っていうのはシンプルに男性差別なんよな
読めば分かるけど、収入から間取りから家族構成まで聞かれるんだと!
その団体に窃盗はたらく奴がいないとは言い切れないしね。個人情報ってなに?
あいつな川崎市の里親詐欺師
広○○海だろ
でもそんなもんだと思うけどね
命を預かるって事は
理由が単なる差別でワロタ
書いた。
猫の譲渡、独身男性だけがことさら厳しいってことはなく、基本的に自分が思ったより条件が厳しいから「無理じゃん」って思ってるヤツがいるよねって話
誰であっても条件は厳しいし、不可能と思うのは自分優先だから飼うべきでない。
繁殖期にその辺の子猫拉致ればええんやで☺
持ち家で専業主婦じゃないと弾かれる場合も多々あるよ。あとこちらが提出した個人情報をどう管理しているのか問うと激怒されたりすることもある(そして答えはない)譲渡会側も「私達いい人だから」じゃなくて組織化システム化することも必要なんじゃないの。
どちらかというと、ペットショップの動物達の方が過酷な状況にあるような気もするから、ペットショップで買うのも悪くないと思うけどね。
実際は譲渡条件に「男性不可」はあったりするし、保護主さんが「男性はちょっと…」っておっしゃるところは多い、とボランティアの方から聞いてたりはする。
以上
 
PR
PR