TOP > ネタ・話題 > 「ユニクロ潜入一年」ジャーナリスト横田増生さんに聞く 柳井社長は「全能の神」、いまだにサビ残も | キャリコネニュース

「ユニクロ潜入一年」ジャーナリスト横田増生さんに聞く 柳井社長は「全能の神」、いまだにサビ残も | キャリコネニュース

ブラック企業と批判されながらも、日本を代表するグローバル企業としての地歩を固めつつあるユニクロ。同社の実態を抉り出そうと、1年間に渡る潜入取材を試みたのがジャーナリストの横田増生さんだ。本日10月27日、潜入取材や海外での調査をまとめた『ユニクロ潜入一年』を文藝春秋から発売した。 横田さんが、アルバイトとして働きながら調査しようと決断したのは、同社から取材拒...

ツイッターのコメント(20)

@reiwanight > 自分たちは発注しているだけだから関係がないと考えているんです。

記事を読むに少なくとも2016年にはある程度認識していたようですしね
@0707hot @reiwanore 確か、ブラック企業の社長でしたよね。
@81Co6i7gEMKFzNW @a0720072040 @ShinHori1 そのユニクロの実態がこれですから、労働生産性は上がりませんね
@S_O_U_L_W_A_X かなりブラックな労働環境だったはずよ。
柳井社長は「全能の神」、いまだにサビ�
少し徳洲会と似ている。
Page 2

ひっっ......
バッシングするとすぐに顧問弁護士から内容証明きますから迂闊に書けない状況下、まだまだ実態は下記のようですね笑
(どこのアパレルメーカーも似たり寄ったりですが…)
ジャーナリズム精神に感服

| キャリコネニュース
この本読んだけど面白かった この人以前にユニクロ本出して柳井さんにマークされてるからバイトで入るためにまず役所で名前変えたりとか スパイかよっていう
ユニクロ愛用者やけど、現場に限界来てるみたい、買い物控えようか、売上落ちれば数字になるし柳井さんの心にも届くのかな
大きい所はみんな、こんな感じなのかな。( ¯―¯٥)
こういう日本企業は庶民がキャンキャン吠えた所で痛くも痒くもない。人死にが出て初めて大事になるだけ。残業時間が本当に守られてるかどうか監査報告が上がらない企業はいずれ神戸製鋼と同じ道を歩む
これ面白い
欧米の店の労働環境?"ユニクロ教…ナイキやアディダス…下請け企業のコンプライアンス…発注しているだけだから関係がない" キャリコネニュース
「ユニクロ潜入一年」ジャーナリスト横田増生
悪い意味での「全能の神」。怖いな、こういう会社。
>柳井さんは「全能の神」で、柳井さんの言うことは「神のお告げ」です。ユニクロでは柳井さんの決定が全てなんです。

| キャリコネ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR