TOP > ネタ・話題・トピック > netgeek > 秋元康・松浦勝人...

秋元康・松浦勝人・見城徹・藤田晋のドリームチームが新設した株式会社gift、3億4200万円の赤字を出して身売りしていた | netgeek

43コメント 登録日時:2015-07-28 23:50 | netgeekキャッシュ

ビジネス界隈で成功した大物たちが集まって結成された「株式会社gift」をご存知だろうか?設立時は「ドリームチー…...

Twitterのコメント(43)

ちょうど炎上中なので黙々と薪をくべたいと思います。
幻冬舎の見城氏、エイベックスの松浦氏、秋元康がどれだけズブズブの関係か、そしてこの仲間内の企画が実は失敗がたいへん多く、頓挫している企画がどれだけ多いかの事例。
………………
わかりやすい人脈ですね。
で、今度はクラウド?大丈夫か。
ブランジスタは、こうなるんじゃないの?
秋元康・松浦勝人・見城徹・藤田晋のドリームチームが新設した株式会社gift、3億4200万円の赤字を出して身売り

こんな最強メンバーでも失敗するんだから、参入するビジネスはしっかり見極めるべきといういい例だね。
雑誌は厳しいよー
これである。株式会社gif t
雑誌も廃刊だそうで。。
これ知らなかった。/
努力して努力して努力して溺死…?
最近聞かないと思ったら、そうだったのか。でも、分かる。
性差別思想を日本社会に浸透させた秋元康、松浦勝人、見城徹、藤田晋が"女性が輝く為に"新設した株式会社gift。この度3億赤字で身売りしたといういい話です。
名前だけじゃ事業は昇華しない。
プロでも本気を出さなきゃ結果は出ないってことだと思うな。
いや、裏には何かあるのかもしれないけどw
@ykatou: せやな。|
” 確かにドリームチームだ。香ばしすぎる。
雑誌『DRESS』の出版社/
いや知ってるし、かなり前のニュースだし、と思ったら、「また転売された」て話かい! ?→
このメンバーで上手く行くと考えるのが不思議。普通に考えて、ぶつかるだけじゃないですか →
挑戦と失敗は隣り合わせ
やっぱりなぁ
そりゃそうでしょうなあ、としか言えない案の定の結果。最初から見えていたよね。
これって優秀な人でも必ずうまくいくっていうわけではない
以外にも
そもそも各会社がうまくいっているのはトップのおかげじゃない
とか
専門分野以外ではだめ
とか
考えられないかな
言っても、譲渡先を探して実施したのは去年だし、しょうがないんじゃないの? :
組織は優秀な人材の寄せ集めではなく、役割分担が極めて必要だというのがわかるよい例。結局船頭は一人でいい。
なんちゃってマネージャーはいらない。
いいですねーーww /
>>    ああ、そういやあったねえw
全員4番打者ではチームにならないってこと
20世紀にはドリームチームだったかもしれないけど、今はねぇ…
新規事業は自分が主体者にならないとね。→
ニッチすぎるというか、もともとレッドオーシャンだったのでは
むしろこんな船頭多くしてなんとやらの布陣をすげえと見ていた奴の目を疑う。不振で当たり前。
40代の独身ダーゲットってステータスにならない雑誌は買わない。ファッションは基本憧れから入るもんでしょ。
設立したことも知らなかった。◾︎
秋元康・松浦勝人・見城徹・藤田晋のドリームチームが新設した株式会社gift、3億4200万円の赤字を出して身売りしていた。

ロクでもないのが、よくぞ雁首を揃えたもんだ。(笑)
知らんかったなー/
ニッチな層を狙ってマスの商売を仕掛けるって意味がわからんかったが。
ありましたね、、→ 「40代の独身女性をターゲットにしたファッション雑誌「DRESS」を展開する計画だった。」
40代女性のことをわかっていそうな人が一人もいない‥
先見ではなく浅見だったのでは…(笑)物事の見方…
例の組閣ごっこの人たちが混じる。
雑誌なんて斜陽産業な上にマーケティングだけでコスト計算ゼロの管理がずさんな業界ちゃうの?w
以上

記事本文: 秋元康・松浦勝人・見城徹・藤田晋のドリームチームが新設した株式会社gift、3億4200万円の赤字を出して身売りしていた | netgeek

関連記事