石油のような炭化水素をつくれる「植物プランクトン」を発見 - ナゾロジー

13コメント 2021-07-20 12:25 ナゾロジー

炭素合成能は同属の植物プランクトンに共通して存在した Dicrateria属は北極海だけでなく、太平洋や大西洋など広く分布しています。 そこで研究チームは、日本とフランスの研究機関が保有する10種のD...

ツイッターのコメント(13)

夢のある話やけども真珠の養殖成功がペルシアの真珠産業を焼き尽くしたような、そんな風になったりする可能性も孕みそう
「Dicrateria rotunda」からの採取量は少ないですが、今後の品種改良等で将来的にはカーボンニュートラルなバイオ燃料の可能性があるというのは良い感じですね
石油のような炭化水素を作れる植物プランクトンを発見

実用化の場合、石油だけでなく、超短期間でバイオエネルギーを作れることになる。バイオエネルギーは燃焼によるco2排出量が少なく、植物が全て吸収できるとされている。よって、地球温暖化解決にも大きく貢献する発見。
豊橋技術科学大学らの研究グループかぁ。技科大、今はこういうジャンルも扱ってるんだ。
植物プランクトンの一種である「Dicrateria rotunda」に、炭素数10〜38までの炭化水素を合成能力有り
植物からガソリンが合成される未来に近づく。植物プランクトンの一種が炭素数10〜38までの炭化水素を合成できると発見。この範囲はガソリンも含みます。バイオ燃料技術を飛躍
思い出すシリーズ:オーランチオキトリウム
『メタルギア』の世界がすぐそこまで
ベーリング海とはけったいな場所で見つけたもんだな
えーと、植物(プランクトン)から採れる炭化水素で石油のような物を精製したとして、それはCO2削減になるのか?と言うと…海中のCO2を吸収してるのか?そいつは。
ロケット燃料もできるかな? それができたらもう宇宙エレベーター要らないよね。
/
ほほう😳‼️
:ナゾロジー
以上
 
PR
PR