盗難車の中で「蚊が吸っていた血」から犯人のDNAを採取し逮捕に成功 - ナゾロジー

13コメント 2021-07-18 20:06 ナゾロジー

「蚊が吸っていた血」から泥棒を特定!?はたして証拠になる? フィンランドの首都ヘルシンキから北に約380km離れた小さな町ラプアで、自動車の盗難事件が発生。 数週間後、盗難車は行方不明になった場所から...

ツイッターのコメント(13)

理論上は分かるがとんでもねーな
フィンランドの警察凄いなぁ、盗難車の捜査にDNAの分析までしてくれるのか。アメリカの警察は車上荒らしの指紋採取や防犯カメラのチェックすらしてくれなくて、そんなもんなのかと落胆した記憶が。
盗難車両の中にいた蚊が吸った血のDNAで犯人とっちめたというニュース。すげぇ。
まだそれを理由に有罪が確定したわけじゃないので「犯人」じゃなく「容疑者」と書くべきでは? にしても科学捜査の進歩は頼もしいいっぽう、いつか素人にはわからない理由で有罪にされそうで少し心配。
でもこれってその辺の通行人から血を吸った蚊がたまたま車に入り込む事も普通にないか・・・?
まさにPCRとシークエンシングの威力 >
実際、ジュラシックパークのように化石から採取も出来るのかな?🤔
ヾ(゚д゚ll)ォィォィ

Σ( ̄□ ̄;)!!まじか?
物証のひとつではあるだろうが、決定的なものといえるかどうか…
せっかくだからイグアナやカエルの遺伝子と組み合わせて犯人のようなものを大量生産してテーマパークを作ろう。:
:ナゾロジー
以上
 
PR