TOP > 科学・学問 > 光をあてると浮遊する不思議ディスクが開発される 電池もプロペラもいらない!? - ナゾロジー

光をあてると浮遊する不思議ディスクが開発される 電池もプロペラもいらない!? - ナゾロジー

10コメント 2021-02-17 18:29  ナゾロジー

光をあてると浮遊する不思議ディスク 現在、大気圏内で空を飛ぶために使われている仕組みは、飛行機のように動力を使うか、気球のように空気の比重を利用する方法がメインになっています。

ツイッターのコメント(10)

不思議ディスクって見出しだけど、説明読んだらバカでも分かりやすい原理だった。
このロジックでいくと、電波でもいけるね。
「SFが現実になり、人類初の光駆動浮揚システムが開発されました。

2月12日に『Science Advances』に掲載された論文によれば、光を浮力に変換して重力圏内を飛行するディスクが開発されたとのこと。」
これも凄すぎです!

最初に見た時はフェイクニュースかと思いました(笑)
マジかー!
SFみたいな話だ!
天狗じゃ、天狗の仕業じゃ
--

カーボンナノチューブは空気分子を加速して放出する
移動方向の制御も可能
UFOみたいだな。 /
ほんまか?ほんまか?
//
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR