TOP > 科学・学問 > 5年間も放射性物質の入ったドリンクをキメてきた男、頭蓋骨に穴が空き「全身の骨が溶けて」しまう - ナゾロジー

5年間も放射性物質の入ったドリンクをキメてきた男、頭蓋骨に穴が空き「全身の骨が溶けて」しまう - ナゾロジー

18コメント 2021-02-13 12:04  ナゾロジー

「悪魔のドリンク」を薬と信じて飲み続けた結果… バイヤーズな実業家の顔の他に、アマチュアのゴルフ大会で優勝するほどのスポーツマンでもありました。 端正なルックスも相まって、女性にモテたのは言うまでもあ...

ツイッターのコメント(18)

これがホンモノのエナドリ(白目)
1930年代後半に核の臨界反応が発見されたのだから、その前の話。無知である事の恐しさよ……。
(21:10)
- ナゾロジー(2021/2/13(土) 12:00)
のヌカコーラの元ネタ…。
20年後に遺体を調査したところ、彼の身体は放射性物質にまみれており、まだ暖かいままだった…怖💧
いくら新しいものが好きでも 新しい薬には飛びつかないように気をつけないとね。
これはヌカコーラクアンタム。
リアルヌカ・コーラ
そして1932年、51歳で亡くなったバイヤーズは、放射性物質が漏れ出さないよう、鉛の棺に厳重に納められました。

当時、バイヤーズの遺体を調べたところ、骨の中に36マイクログラムのラジウム(致死量は10マイクログラム)が検出されています。
ヌカコーラかな???
過ちを過ちではないと信じきってしまう人は恐ろしい...
フォールアウトの世界やんけ
「ラディトールは、放射性物質のラジウムとメソトリウムを水で希釈しただけの代物で、今日から見れば、明らかに危険きわまりない飲み物でした」
怖い、、、
5年間、放射性物質入りのドリンクをキメた男
盲信ってこわいね。 /
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR