TOP > 科学・学問 > ホームレスの凍死を防ぐ「睡眠ポッド」がドイツで導入される - ナゾロジー

ホームレスの凍死を防ぐ「睡眠ポッド」がドイツで導入される - ナゾロジー

67コメント 2021-01-26 21:03  ナゾロジー

ドイツのホームレスを凍死から救う睡眠ポッド「ネスト」 ウルムネスト社のプロジェクトは、ウルム市が抱えているホームレスの凍死問題を解決するために立ち上げられました。 現在、ウルム市には多くのホームレスが...

ツイッターのコメント(67)

この睡眠機械こと、睡眠ポッドの名前は"ネスト"というらしいです。

記事のURL見つけたので貼っておきますね。

ドイツはすごい。最高のテクノロジーを社会的弱者に還元しているところが本当惚れる💕

こんな仕事できる人になりたいよ🥺
86万人のホームレスか。
さすがに大雪が降ったら埋まってしまうのかな。
ドイツではホームレスの人が凍死しないように街中に睡眠ポッドなるものが設置された。日本では寝られないように意地悪なベンチがありますね。
緊急睡眠カプセル
日本と違うドイツ。シェルターに入れず凍死リスクのある人の最終避難場所として、冬の間だけ設置される。ソーラーパネルにより換気もされ、新鮮な空気と室温の維持がなされる。防風防水防寒の最大2人利用寝床。

一方で、ホームレスに対しては「罰として生命線を断つ」事に血道をあげて、街なかの隙間というスキマにトゲトゲを植え、ベンチに仕切板を付け、公園からはあずまやの屋根も水飲場も公衆トイレも爆速で撤去する国
寝ることはおろか座ることさえ出来ないように棘や障害物をせっせと街にこしらえる本邦とは大違いですね。
有用だと判断された場合には、全国的に展開する可能性
北海道でこれやったら雪に埋まるか氷漬けになって未来の世界で生き返るやつだ
お風呂もあればいいのに。
輸入だ輸入。
めちゃくちゃ狭いけど路上ラブホとして使うやついそうだと思うのは僕だけかな・・・
1人用のポッドでかぁ?って言おうと思ったら2人まで入れる仕様でした
「救う」為に緊急ポッドを設置する国が在れば、「排除」する事に必死な国も在る。
同じ貧困に対する姿勢が対極的。
徳を積まずに、得を求める。
哀しい事よ。
日本語ニュースになるのが遅いわな
大戦中にこんなもんが置いてあったら明らかに罠。
日本で導入される事は無さそう。
SDGs的な高機能だ。凄いなー。日本の行政には処罰したり排除したりする発想しかなくて、本当に悲しく情けない。恥ずかしい。悔しい。
(12:30)
ホームレスの凍死を防ぐ「睡眠ポッド」がドイツで導入される( 2021/1/26(火) 21:00)
人間の命と尊厳を大事にするドイツ。

排除アートを並べる日本と大違いだ。
ドイツでホームレスの凍死を防止する睡眠ボットが開発された。 
自転車旅行の途中、西新宿にはホームレスが増えていた。未熟に作られたシェルターを見ると、新参の人が多いのがよく分かった。人権意識なのか、宗教の有無なのか、命の価値の問題か、寛容さなのかしばし考える。
ドイツで行われていることは、ベンチに妨害の手すりを付ける日本とは大きく違いますね。

「ホームレスの凍死を防ぐ「睡眠ポッド」がドイツで導入される」
凍死の危険がある時期にだけ設置されるとはいえ、いい発想だな〜

>>
公助を後回しにして自助を強要するスガ政権には求めるべくもないことだけど、国民の命を守るってここまで考えることだよなぁって思う
日本の公園のベンチは、ゴロンて横になることすら拒む作りに変わって久しい
APEXでこんなの見たことある
これが先進国の対応というもので、追い出したり、眠れないように凸凹を作ったりして喜んでいるようではね
G対策のアレにしか見えない。
ドイツ:睡眠ポッド
日本:排除ベンチ
ホームレス排除に躍起な渋谷区はよく見ておくように(何とも思わないだろうが、一応言っておく)
ドイツではこのようなものが試されているのか。
これを企画した行政担当者
このカタチにまとめあげたデザイナーに
敬意を表します
ドイツの睡眠ポッドええな。
これにトイレ付いたら家じゃん!
どうしてもって時でも、死なずに済むならやり直せることもあるか。それに比べて我が国は、ベンチすら横になれず、公園から追い出す、なんと冷たいことか。▶
作りたい。というか今すぐにでも作れる。問題はこれを活用できる社会的システムを作れるか。置き場となる道路占有の特区化や地元NPOによる運営、必要な人に入室してもらう情報管理。防犯や緊急対応など。つまり行政/民間の枠を超えて全員参加で支えるシステムが必要。
ドイツの、ホームレスのための睡眠ポッド「ネスト(寝蔵)」。
ベンチに(横たわれないように)仕切りがつけられている日本では、意味不明と言われるかもしれない。

ただ「死んでほしくないよね」、それだけ。

それを核にした社会であれと、今日も思う。
日本で導入したら地域住民から猛烈な反対運動起きたり嫌がらせされたり襲撃されたり壊されたりしそうと考えてしまい、暗い気持ちになるなど。考え過ぎであってほしい。
青森ではこれは無理だな。寒さは防げても、翌朝にはボックスごと雪に埋まってる。
これ何処かに設置出来たら良いのにな…。ドイツの国民性って結構節約家?倹約家?が多いのにね。優しい(´ω`*)
ホームレスなんか一人もいない世界を
そのまま人体実験の被検体にされそう
これは素晴らしい‼︎(・_・。)
なんでもっと早く出来なかったのか。
宇宙船の脱出ポッドみたい。追い出すことばかり考えるどこかとは大違い。
良い取り組みだけど、
「人を助ける為に、人の手を借りさせない」というのは不思議な話でもあるよね。
権利と自主性、そして福祉、何事も杓子定規に行くものでもないからね
ドイツと日本。戦後も共闘すればよかったのにね。原爆ではなくて泥のように負けた方がよかったのではないかな。

(2/2)
「排除アート」の対極か。
樽に住んだ哲学者「世界市民」提唱ディオゲネスを思い出した>子どもが手で水をすくって飲んでいるのを見て唯一の家財道具であった食器の皿を投げ捨てたらしいけど、食器は捨てても、最低の「住まい=樽」は必要!>
ドイツとかニュージーランドとか、「いいなあ」と思う時が度々ある。
この記事を見て、日本でのホームレスを寝させないベンチをすぐ連想した。
日本が「優しくない国」になってしまっているのがとても残念だ。
86万人もホームレスがいるとは想像を絶する。日本はどうなのだろうと検索してみたところ、2020年で3992人とのこと。
うむ。
日本にも導入すべきだが、『資本主義国家』だから無理だろうね、、、
ウルム市か。ドイツの冬は北海道ぐらい寒いのと、田舎は鳥取レベルの田舎なのでこれは名案なのだと思う
「ウルム氷河」って聞いたような。とても野宿はできなさそう。
かたや排除アートだらけの日本
面白いけど見た目もう少し粗末な作りにしないとホームレスが居着いちゃいそう。なんでこんなちょっとオシャレで一度は入ってみたくなる形にしたのかな
私だったら入るのは最終手段にしたいって感じの見た目にする
日本はベンチでさえ寝させないように手摺付けまくってるの、本当に醜悪だよ。人権に対する意識がよく表れてる
こ、これは!?
これ、何個ぐらい導入されているんだろう?
これ日本にも導入して欲しい❗
ホームレスを救う睡眠ポッド ネスト
感動した。
弱者に優しい国ドイツ。
日本でも導入すべきだよ。
生物学的観点で弱い生き物が生き残れない世界は
破滅するという現実。
記事)またポッド内には監督チームと連絡を取るための無線ネットワークが導入されており、トラブルにも対応できるとのこと。

すごっ!
いかがわしい事を考えてしまった
ほほう( ゜o゜)
幼い頃、親父が酒飲んで夜帰って来て暴れて、着のみ着のまま逃げ出して、団地の集会所の裏の軒下で寝た時に、こういうのが有れば良かった…
偶々有った細長いダンボールを拾ってきて、古新聞集めて寝た記憶
日本でも導入したら良いかも……と思ったが、生活保護受給者に対する猛烈なバッシングが噴き上がるこの国では、冷たい視線に耐えかねて利用する人は少ないかも知れない。
やっぱり白人様はパンの作り方を教えるより配ることを良しとするのな
よっぽどその生活が良いって言うの除いて徴用して土木の公共事業に半年くらいぶち込んでまとまった金と住宅与えりゃ要らなくね?
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR