TOP > 科学・学問 > ステルス小惑星が11月13日に地上400kmを通過していた!これまででもっとも地球に近づいたのに「誰も気づけなかった」 - ナゾロジー

ステルス小惑星が11月13日に地上400kmを通過していた!これまででもっとも地球に近づいたのに「誰も気づけなかった」 - ナゾロジー

10コメント 2020-11-19 17:04  ナゾロジー

地球にもっとも近づいたけど落ちなかった小惑星 今回地球に近づいた小惑星は、11月14日(土)の早朝に、ハワイのマウナロア天文台の小惑星地球衝突最終警戒システム(ATLAS)の調査から発見されました。 ...

ツイッターのコメント(10)

ナゾロジー| ステルス小惑星が11月13日に地上400kmを通過していた!「誰も気づけなかった」

☆地球にもっとも近づいたけど落ちなかった小惑星
☆地球に最接近した世界記録
☆もう一度地球と出会うことはない
何かが起きていることを感じ取れるのは鋭敏なチャネラーだけ。
都度、被害が起きない方向に逸らすことができるのも、その祈りの心のゆえよ。
怖っ😱💦
ほへー(´・ω・`)
カーバルスペースプログラムやりたくなる話しやなあ(๑>ᴗ<๑)
NASA知っとったやろw
黙ってたんですね?
14日の宇宙の人への影響と
なんか関係してるとかなら
テンション上がるのにな😜
太陽を背にした軌道で攻撃すればいいのか。わかった。

《小惑星に太陽方向の観測上の死角から近づかれた場合よく起こることで…》

- ナゾロジー
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR