TOP > 科学・学問 > 「抗うつ薬」には新型コロナ重症化を防ぐ効果があると報告される - ナゾロジー

「抗うつ薬」には新型コロナ重症化を防ぐ効果があると報告される - ナゾロジー

13コメント 2020-11-17 17:06  ナゾロジー

なぜ「抗うつ薬」を新型コロナウイルス感染者に投与したのか? 11月17日現在、新型コロナウイルスの感染者数は全世界で5500万人に達し、130万人以上の死者が発生しています。 これ以上犠牲者を増やさな...

ツイッターのコメント(13)

抗うつ薬「フルボキサミン」を服用した患者はコロナが重症化しなかった。
昔ルボックス飲んでた。
これが事実なら朗報だ!
だが、抗うつ剤入手目的で病院にかかる輩が増えるのだろうな?
これが本当のナゾキジー。適当だなぁー
抗うつ薬として用いられてきたフルボキサミン(ルボックスまたはデプロメール)に新型コロナウイルスの重症化を防ぐ効果
ルボックス100mgは結構、多い目。普通の人が飲むとハイになるかも。選択的セロトニン再吸収阻害剤SSRI。
今後の検証が必要ですが、こんな情報もあるということで。
何か分からん所に解決法があるのですねw
その発想は全く無かったww
これ、飲んでる!
製薬利権が絡まなければ、使えそう?
レムデシビルやアビガンが利権として優先されるだろうけど。
いままでの業界慣例なら。
ああ!コレめっちゃ飲んでた!!
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR