TOP > 科学・学問 > 大人気! 古代エジプトの神様「メジェド」って何者? 日本で流行ったきっかけとは - ナゾロジー

大人気! 古代エジプトの神様「メジェド」って何者? 日本で流行ったきっかけとは - ナゾロジー

12コメント 2020-11-14 20:01  ナゾロジー

『死者の書』に登場するメジェドの正体とは メジェドが発見されたのは、古代エジプトに伝わる『死者の書』の中です。 全長37メートルもあり、「グリーンフィールド・パピルス」という名でも知られています。

ツイッターのコメント(12)

オバQの元祖?目からビームを出して口は無いけど火を吐く神様。土偶や土製品にも似ているのがあったような。

**********
目からビームが出るらしい
メジェドさま地元であるエジプトじゃセトやオシリスと違いあまり有名じゃないのか。なら仮にエジプトで聖杯戦争やっても神聖高くても知名度による補正は期待できないな。
謎多きB級神なんだ
( ^ω^)おっ!メジェド様!
メジェド様の認知度が世界で一番高いのは日本!
しらんけど。
目からビーム出すとか聞いてないんですけど
後で読む用
七草なずなさんの長良型メジェド神6柱じゃないか。
エジプトの研究されてる方からピラミッドの内部に入るだけで莫大な金を政府から要求されることを聞き知って(つまり研究させない)まともに見れないんだよなぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR