TOP > 科学・学問 > 日本人の遺伝子を「47都道府県レベル」で初めて解析することに成功! 四国・近畿がもっとも”渡来人”の遺伝子に近かった - ナゾロジー

日本人の遺伝子を「47都道府県レベル」で初めて解析することに成功! 四国・近畿がもっとも”渡来人”の遺伝子に近かった - ナゾロジー

16コメント 2020-10-16 12:19  ナゾロジー

関東と中部地方は遺伝的に近縁ではない? 研究チームは、ゲノム解析サービス・HealthData Labから約1万1000名のSNP遺伝子型データを用...

ツイッターのコメント(16)

こういう話好き
地理的に遠い北海道東北と沖縄が遺伝子としては近いっていうの、方言の同心円と同じで不思議。
図解が分かりづらい感じもあふけど、地域によって文系、理数系に分かれる要素があるのも、なかなか面白い
・・・同じ日本人でも顔形が違うもんね。特に目の彫りとかね。
個人的に、日本神話そのまま信用して邪馬台国阿波説を採ってる
1万年前の縄文人と3世紀から渡ってきた民族との混血が日本歴史の謎を解く。
これすごく興味深い!
ナゾロジー|
このデータを応用すれば、日本列島における縄文人と渡来人の混血の歴史がより詳しく理解できると期待。
-

なるほどー。
近畿は渡来系の秦氏などが住み着いたと言われてるので、大陸との混血が多いのかも。
とても興味深い。
どうしたらいいんだ?
47なんですけど、、、。
鳥取が不思議なところにいる。
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR