TOP > 科学・学問 > ついに初めて"室温での超電導"を達成! 世の中を一変させるまであと一歩 - ナゾロジー

ついに初めて"室温での超電導"を達成! 世の中を一変させるまであと一歩 - ナゾロジー

17コメント 2020-10-15 19:44  ナゾロジー

ついに実現された室温15℃での超電導 室温超電導を実現するために今回の研究で使用されたのは、高圧力をかけられる装置「ダイヤモンドアンビルセル」です。...

ツイッターのコメント(17)

摂氏15度って本当に室温じゃないか。すげーぞこれ、と思いきや、大気圧の170万倍もの超高圧にした特殊環境下での話。とはいえ科学的には大きな進歩であることも事実。
これはすげぇ😳
100年後くらいには付けたら無限に点きっぱなしのライトとかできちゃうのかなー
もうちょっとで世の中が激変しそうやな。
空飛ぶ車はよ
ほおー。

「リニアモーターカーのような摩擦のない光速列車が実現可能」という誤字を見て「うんそりゃヤベエな」となるなど。
木星のコアは金属水素と言われているが、そこでは超伝導が起こっている可能性が?
ついに15℃で...!
室温での超電導とな?すごない?
_φ(・_・ 実用化にまで行けたらバッテリー問題にもひとつの回答ができるんですが、、どうなりますか。
ついに初めて室温での超電導を達成!
「研究で使用されたのは、高圧力をかけられる装置「ダイヤモンドアンビルセル」。ダイヤモンド2個が向い合せで設置され、ダイヤモンドで挟んだ底面に高い圧力がかかる。実験ではここに水素と炭素、硫黄を組み合わせた試料をセットして「炭素質硫黄水素化物」を合成」
世の中浮き始めるで…
普通にすごくね?
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR