TOP > 科学・学問 > "脳が無い動物でも眠る"と判明! 睡眠の起源はどこにあるのか? - ナゾロジー

"脳が無い動物でも眠る"と判明! 睡眠の起源はどこにあるのか? - ナゾロジー

19コメント 2020-10-16 17:04  ナゾロジー

脳が無い生物にみられる謎の休憩時間 睡眠はヒトをはじめとする哺乳類に限らず、魚類や昆虫など幅広い動物で確認されています。 しかしこれまでの研究におい...

ツイッターのコメント(19)

このことは、脳が無い原始的なヒドラと脳があるヒトをはじめとした動物が、同じシステムによって眠っていることを示唆します。
>「脳があるから睡眠が必要になった」わけではなく、神経をもつ動物に元々あった睡眠の仕組みを、中枢神経が後から自分の都合のいいように取り込んでいたのです。
『九州大学

「脳があるから睡眠が必要になった」わけではなく、神経をもつ動物に元々あった睡眠の仕組みを、中枢神経が後から自分の都合のいいように取り込んでいた』
ほえー、面白い。身体のシステム上考えられていたよりもっと根源的に睡眠は必須なんか。
「睡眠は脳の誕生以前から存在する古いシステムだった」 /
脳が無くても睡眠をとる ってなんかすごいな 脳だけでなく体も睡眠がないと疲れるし、それ関係ないのかな
そんなに古いシステムなんだという驚き。
いわゆる“時計”遺伝子は動物どころか細菌、植物でも共通なので睡眠の定義次第では睡眠は原核生物の時代からあるのであんまり驚きはないわね。(慨日リズムという)
生き物全体で見れば「覚醒」は動物が獲得した特殊な状態なんだろうから、そこから通常の状態に戻るのが睡眠なんだろうな。多分、何故眠るのかじゃなく、何故起きられるのかを問うべきなんだろう。
めちゃくちゃ面白かった。脳がなくても眠る。
興味深い。
ほえほえほえ~ ➡
つまりは睡眠は脳のためでもないってこと?
他のシステムも後から中枢神経系がタダ乗りして発達してきたかもとか考えるとワクワクしてくる
逆かもね
脳を休ませたいんじゃなくて
体を休ませる為に仕方なく頭を休ませてるんじゃないの?

脳が無い動物でも眠る”と判明!
中枢神経の有無ではなく、神経がある生物は眠るらしい。
神経を人工物に置換した分だけ、必要な睡眠時間短縮できたりすんのかな……
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR