TOP > 科学・学問 > 地球最強生物「クマムシ」は、”紫外線を青い光に変換して身体を防御する”と判明 - ナゾロジー

地球最強生物「クマムシ」は、”紫外線を青い光に変換して身体を防御する”と判明 - ナゾロジー

16コメント 2020-10-14 17:04  ナゾロジー

新種のクマムシは大学の壁に生えているコケから発見 クマムシは地球上で暮らすにはオーバースペックと言える数々の耐性を持っていることが知られています。 ...

ツイッターのコメント(16)

カーズ様、『究極生物』にならずに大人しくクマムシになれば地球から追放されなかったかも・・・
クマムシすご
放射線からはDNAに電気シールドを張って防御、紫外線は吸収して青色光に変換放射して防御とかとんでもねえ。
こいつ絶対外宇宙から飛来してきた生物だろ…
“未来の日焼け止めは暗闇で光るかもしれない”
なるほどゲーミング人類ってやつだな
クマムシは地球上で暮らすにはオーバースペックと言える数々の耐性を持っていて
絶対零度であるマイナス272℃から水の沸点を超える150℃の温度に耐え、宇宙空間の真空でも生存することが可能

すご~い❗

(●°◇°●)
クマムシさんの絶対防御が相変わらずぱない。
DNAに電気シールドを展開して放射線をガードしたり、紫外線を青色の光に無理やり変えてそれすらもガードできるとかクマムシさん本当に何者なの??????
ナゾロジー| 地球最強生物「」は、”紫外線を青い光に変換して身体を防御する”と判明
☆吸収したエネルギーを無害な青色の可視光として放出することで継続的な紫外線防御を可能にしていたのです。
虫嫌いの女性は使えるのか問題。
しゅごい。 / - ナゾロジー
ランセルノプト放射光……!▼
デモンズリメイクのクマムシくんはもしかして魔法すら吸収して跳ね返してくる可能性が示唆されてしまったな…!?
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR