TOP > 科学・学問 > 「ガラスのような木材」をつくることに成功!未来の窓は木でできているかも | ナゾロジー

「ガラスのような木材」をつくることに成功!未来の窓は木でできているかも | ナゾロジー

25コメント 2020-10-06 07:02  ナゾロジー

ガラスのように透明な木材 「ガラスのように透明な木材」は、成長の早いバルサの木が原料となっています。 バルサの木の特徴はその密度にあります。この木の...

ツイッターのコメント(25)

なんだこれおもろいw
透明なバルサ材?!Σ( ̄□ ̄;)
若い頃はバルサで一杯工作してたのでよく知っているが、あの軽さのまま透明になるのか?!
でもお高いんでしょう?
すげえなこれ…
小さい頃、雨降るたびに妄想してた「街全体に透明の屋根あったらいいのに」が実現しそう
@hyostia バルサの転売とかどう?
バルサ材を加工して透明にする技術…?魔法…?
米国農務省の一部である森林製品研究所のジャンヨン・スー氏ら研究チームは『Journal of Advanced Functional Materials』で、ガラスのように透明な木材を合成したと発表。
この透明な木材は窓として活用でき、従来のガラスと比べて高い耐久性と費用対効果が望めるとのこと。
実物見せろ
”スカスカの木を脱色してアラビックヤマトに漬けました。” …みたいに読み取れるんだが。透明は特殊な技術だとしてそんなに強度出るんか?:
ここまでくるともはやなんなのかよく分からないな。魔法かな。
唐突に訳の分からん技術が出てきて草なんじゃが
シンプルにすごくね?
熱効率化けそう…
火事🔥の時に燃えちゃわないのだ?
地震で割れない窓ガラスは良いかもなのだ
これが本当なら良さそうだね。
ガラス業者は真っ青かもしれないけど、江戸切子などを含むクリスタル製品の需要はあり続けると思う。
新しく合成された「透明木材」は耐久性が高く、割れても粉々にならずに裂けたり、ガラスの約5倍の熱効率があるため、エネルギーコストを大きく削減できるらしい。

これはイノベーションの予感!
コレはすげ〜技術!バルサ木材なんだって。
ガラスだと熱通しやすいから、木材で窓作れるようになったら、これまで以上に夏も冬も過ごしやすい家ができるんやろなぁ…。
透明な木とな。熱効率もガラスとは段違いだな -
この手の技術自体は5年くらい前から見かけるが未だ実用化されていない
量産化されたら窓の性能ガラッと変わるから楽しみ
熱抵抗値がガラスの1/5とか胸熱
どこの株買えばいいのかな( )
これさ普通に凄くね?w 逆に問題点はあるのかなぁ
なんじゃこりゃ。凄い。
酸化させたバルサ木材に合成樹脂を浸透させて木材を透明化。ガラスより軽く耐久性が高く、割れずに曲がる。ガラスの約5倍の熱効率。さらに製造時のCO2排出量も少ないなど、メリットが多いそう。
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR