TOP > 科学・学問 > 生き別れた「三つ子の兄弟」、感動の再会に隠された残酷な真実とは | ナゾロジー

生き別れた「三つ子の兄弟」、感動の再会に隠された残酷な真実とは | ナゾロジー

19年後の再会 1961年7月12日に産声を上げたボビー・シャフランは、裕福な家庭ですくすくと育ち、ニューヨークにあるサリバン・コミュニティ・カレッ......

ツイッターのコメント(11)

こういう実験、未だにあると思う。
幼い子供を引き離して実験するの
衝撃的な内容だったのでシェアを。
普通に3人一緒に育っていたらどんな人生だったのかと考えさせられました。

| ナゾロジー
三つ子赤ちゃんを、「富裕層」「中流家庭」「労働階級」で養子で育てる社会実験

【生き別れた「三つ子の兄弟」、感動の再会に隠された残酷な真実とは】
ひどい。こんなことが行われていたなんて。
一昔前はすさまじい人権侵害を平気でやっていたのだな。ピンカーの人権革命以前の時代。ノイバウアーって、暴力研究や努力の研究の、あのノイバウアーか?それとも別人か?
とはいえ研究者としては興味津々
こんなん本当にあるんだね
>いわゆる、「生まれ(nature)か育ち(nurture)か」の双子実験です。

こういう実験あるかもって思ったことはあるが、実際にされてたんだ…なかなかに非人道的っすな
「彼らは、最初に信じていたように偶然の不幸で生き別れたのではなく、極秘に実行された科学研究の一環として意図的に切り離されていたのです」
SFとかでよくある実験をマジでやっちゃったんだ…
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR