TOP > 科学・学問 > チェルノブイリ原発跡から発見された「放射線を食べる菌」が、放射線シールドとして人類を守るかもしれない | ナゾロジー

チェルノブイリ原発跡から発見された「放射線を食べる菌」が、放射線シールドとして人類を守るかもしれない | ナゾロジー

point チェルノブイリ原発跡から発見された真菌は、放射線を食べてエネルギーに変換する能力がある 新たな研究はISSの実験で、この真菌が放射線シー......

ツイッターのコメント(43)

壁面緑化じゃなくカビの壁✨
面白そう〜!
どうすれば実現できるんだろう💓
妄想が膨らむ😂
この勢いで
ニュートロンジャマーこい!
ニュートロンジャマーキャンセラーはいらないから!
すごいや( ゜o゜)
放射線をエサにして成長していることが確認されました。ゴジラの親戚www
これって人間がミネラル含んだ食品食うのと同じ話じゃないのか?。積極的に金属の同位体とかを選別してエネルギーにしてるんだろうか?。
実用されれば福島は勿論、東海村とか他にも手付かずになってる所も処理できるので、是非実現してほしいね。
これ、本当かなぁ?
例えば光合成をする生物はお日様の光を食べてる、とも言える…
特殊なカビさんは放射線も食べれるのかなぁ?すごいなぁ
(¬_¬)レジオイータ(仮名)?
そんなSF的な菌がいるモンかね? 可能性でもあるなら夢のような話なんだけど。
抗核バクテリア(世代がわかる)
素晴らしい発見!
@NazologyInfo こういう仕組みらしい。



菌が放射線を吸収し、エネルギーに変換しているのはメラニン色素によるものです。

これを宇宙服の生地や、プラスチック製の素材に混ぜれば、放射線の遮断効果を高められる可能性があります。
本当に生命って凄いなと思います
SFのような話だな
次はMUTOが生まれそう
「薬は口から飲むのに限るぜ、ゴジラさんよ」が実現するのか、胸熱
もしかしたら福島第一原発でも見つかるかもしれない!
はえー
これはすごいな
コロナが世界を滅ぼしに来ているから、世界にはまだまだ未知なる驚異的なパワーを持つ最近が発見されてもおかしくないね…放射線をエサにする…怖過ぎるわ
素晴らしい
攻殻機動隊の日本の奇跡ならぬ、チェルノブイリの奇跡か。。。
しかし黒カビ21cmの層って、胞子で肺とかに感染しそうだ。
すごく面白いし、生物の特徴を使うところが『南極点のピアピア動画』感もある|
後のゴジラじゃん
うおおー、これはすげえぇ

やはり自然界は強いものではなく、順応した者が生き残る……
どういう原理なのか
リアル腐海の誕生??
勘違いしすぎだな、人類じゃない、地球という生命体が自身を守ろうとしてるだけ、人類も所詮細菌に過ぎない
やっぱり…【菌】はマヂすげぇ(; ・`ω・´)
、菌を利用する放射線シールド技術には、もう1つ菌の持つメラニン色素だけを抽出して素材に練り込むという方法があります、菌が放射線を吸収し、(続く)
大日本技研のあれかと思ったが、検索のサジェストででてきて同じこと考えてる人多くてふふってなった
ええ………
このカビが際限なく増殖して人類が終わる未来が見える……
「1991年遠隔操作ロボットを使ってチェルノブイリ原子炉内の調査が行われました。そのとき、なんと破壊された原子炉4号機の壁に沿って、カビが繁殖していることが発見されたのです。これは黒カビの1種で、後の研究により放射線をエサにして成長していることが確認されました」
自然は偉大だ。
何っ、ホントか⁉️
菌って、なんか凄いじゃん‼️😄

チェルノブイリ原発跡から発見された「放射線を食べる細菌」が、放射線シールドとして人類を守るかもしれない
チェルノブイリ原発跡から発見された「放射線を食べる細菌」が、放射線シールドとして人類を守るかもしれない :ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

PR