TOP > 科学・学問 > ニホンウナギは「高さ46メートルの滝」を登れることが判明! 成長のためにダムを突破する可能性も | ナゾロジー

ニホンウナギは「高さ46メートルの滝」を登れることが判明! 成長のためにダムを突破する可能性も | ナゾロジー

東アジアに広く分布する「ニホンウナギ」は、海で生まれ川で成長する回遊魚です。 5~6センチほどの稚魚が海から川に移動し、河川内で10数年かけて約1メ......

ツイッターのコメント(16)

ウナギ、ガンバレ😣
ウナギはナイアガラの滝も越えるとは聞いていたけど、ニホンウナギにもそれに匹敵するバイタリティがあったのね。
えっ かっこいい…
ありがとう鰻!
やれば出来る!
大丈夫人間!
やればデキル!…ハズ…

?
#
ニホンウナギが、鹿児島県・網掛川にある高さ46メートルの龍門滝を登って上流まで移動していたことが、九州大学の研究により明らかになりました
ウナギは、奥深い
46も奥深いと
なるほど、うなぎのぼりって本当なんだ。
《ニホンウナギが、鹿児島県・網掛川にある高さ46メートルの龍門滝を登って上流まで移動していたことが、九州大学の研究により明らかになりました》
ナゾロジー| ニホンウナギは「高さ46mの滝」を登れることが判明! 
ニホンウナギは、エラの他に皮膚呼吸ができるため、体と周囲が湿ってさえいれば陸上でも移動可能と言われています。
:ナゾロジー
以上
 

いま話題のニュース

PR