TOP > 科学・学問 > 南極で見つかったカエルの化石が「 超大陸ゴンドワナ」の存在を証明! カエルが世界中にいる理由があきらかに | ナゾロジー

南極で見つかったカエルの化石が「 超大陸ゴンドワナ」の存在を証明! カエルが世界中にいる理由があきらかに | ナゾロジー

カエルは、世界中どこでも見られるポピュラーな生き物ですが、南極大陸には存在していません。氷に覆われた荒地にカエルの住む余地はないからです。 ところが......

ツイッターのコメント(11)

これはすごい(=╹ω╹)
カエルとゴンドワナ
めちゃくちゃ面白い!
これから海に没した幻のムー大陸の存在も証明されていくハズ(笑)
近年で一番テンションの上がるニュースだコレ!
「超大陸ゴンドワナ」って単語だけでわくわくしてしまう。
いにしえの統一大陸パンゲアが南北に分割した際の南側の大陸。(北はローラシア)
本日朝一番にみた情報はこちらでした。目覚めって擦り込まれるんですね。今日1日、このニュースで私の頭は持ちきりな予感さえします。

南極で見つかったカエルの化石が「+ カエルが世界中にいる理由があきらかに+|+ナゾロジー
こういうの、浪漫があってゾクゾクする
>現生する両生類の化石が南極で見つかったのはこれが初めてです。

いろいろな過去の解明説は面白いよねぇ。
まだ1匹であるならわしも考えてみた。
空飛ぶ恐竜の頭にたまたまカエルが乗って旅をしてしまい南極で不幸にも落ちてしまった。
うむうむ通る!
カエルちゃん、そんなに繁栄してたのねw
以上
 

いま話題のニュース

PR