TOP > 科学・学問 > 「サビの塊」を9ヶ月磨いたら2000年前の古代ローマ戦士の「銀」の短剣だった | ナゾロジー

「サビの塊」を9ヶ月磨いたら2000年前の古代ローマ戦士の「銀」の短剣だった | ナゾロジー

10コメント 2020-02-28 12:44  ナゾロジー

point ドイツの遺跡で、古代ローマ戦士が使用した2000年以上前の「短剣」が発見される 当時、武具が遺体とともに埋葬されることはなかったため、今...

ツイッターのコメント(10)

古代ローマの短剣の資料になるやつ(すでにあると思う)
中に誰か封印されてたんじゃないのか…
トイトブルク森の戦いの際使用された武器らしい、メッチャロマンある
「結局のところ、なぜこの短剣が兵士とともに墓地に埋葬されたのかは分かっていません。」
この剣を突き立てられたのはアンデッドだったに違いない
太古の剣っていうのもすごいんだけど一瞬サビって音楽のサビかと思ってしまった🤔
アルミニウスのトイトブルク森の戦い!!胸熱( ¨̮ )💕
これはプギオかな?(ローマ軍で使われたタガーの一種)。🗡️⚔️
みごとな装飾で一般の兵士の物でなく階級がかなり上の人のかも。⚰️
カエサルもこれで殺られました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR