TOP > 科学・学問 > わざとリズムを遅らせるジャズの「スイング」効果を科学的に説明 | ナゾロジー

わざとリズムを遅らせるジャズの「スイング」効果を科学的に説明 | ナゾロジー

point ジャズの「スウィング」の定義を求めるために、スウィングに共通するとされる「僅かなずれ」を調査した 調査の結果、スウィング≠ずれ であるこ......

ツイッターのコメント(16)

しようとした結果、説明できなかったっていう話
リズムのずれではないらしい
ジャズに限らず、ビートは長さと強さだけじゃなく、重さと方向で決まるように思う。でも、その重さとか方向は機械では測れないし、人同士でも伝わらなかったりするから厄介。
スイングしなけりゃ意味はないんだけれど、そもそもスイングってなんだ?
「知りたい気はするけど、ジャズ通に質問すると話が長引きそう(^^)」な事柄に関する、科学的な説明。
スウィングってテクニックの事じゃなくてアメリカ人のDNAなのよ。日本で言う侘び寂びみたいな。だから日本人が100%スウィングするのは不可能です。
スイング=マイクロタイミングのズレではないことの検証
自分のファンクのカッティングを波形で取った事があるが、一拍目はジャストとされる位置より微妙に前に、二拍目は微妙に後ろにいて、それが一定の法則で連続していた。
わからないということがわかった
スイングって言葉で説明するの難しいよね
ほんとかちょっとあやしいけど面白い
スウィングって難しいんだなぁ

|
まだ人の職は無くならずに済みそうですなぁ。いずれは必要なくなるかもしれんが。
// これは興味深い!( ゜∀゜)
”「スウィング=マイクロタイミングのずれ」であることを検証することによって、「スウィング」の定義づけを行なおうとしたのです。”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR