ブラックホールに近づいても吸い込まれない「特殊な天体」を銀河の中心に発見 | ナゾロジー

16コメント 2020-01-17 19:34 ナゾロジー

point 銀河中心で「ブラックホールに接近しても吸い込まれずに伸びるだけ」という特殊な天体が見つかった この天体はGオブジェクトと名付けられ、単な...

ツイッターのコメント(16)

神秘やなー
>G2はブラックホールに接近した際、非常に伸びて歪んだにも関わらず、吸い込まれて落ちることはなく、ブラックホールから離れるとまた元の円形でコンパクトな形状に戻った

>重力的に強い力で結合した何らかの特殊な塊であることを示している
【ブラックホールに近づいても吸い込まれない「特殊な天体」を銀河の中心に発見】

“天の川銀河の中心にある、銀河の核となる超大質量ブラックホール「射手座A *(いてざえーすたー)」”

冒頭のコレで色々持ってかれた。
えーすたー…!
恐らく大空魔竜だろう>Gオブジェクト
ボリューションプロテクトならいける!
ロマンスくんへ。

謎😳

クラゲみたい、、

@satokodai601113
マジで意味が分かんねえこの世のバグみたいな天体だな
もう謎すぎて何がなんだか…宇宙スゴいな。
つままれたお腹の脂肪みたい。
ギュー、ポンッ、ギュー、ポンッ。
ブラックホールに近づいても吸い込まれない「特殊な天体」
射手座A *の近くで発見された奇妙な天体は、ガスの雲に見えるのにブラックホールに近づいても吸い込まれることはなく、伸びるだけで離れると元のコンパクトな形状に戻るといいます。
人工物なのでは、、、
以上
 

 
PR