「原子を透明にする現象」が実験で観測される - ナゾロジー

13コメント 2021-11-22 17:05 ナゾロジー

MITはリチウム原子同位体を絶対零度近くまで冷却し非常に高密度にしたときパウリ・ブロッキング効果で原子が動けず光の散乱を起こさなくなるという現象を実験から確認。もし完全な絶対零度なら原子は見えなくなる...

ツイッターのコメント(13)

おもしろい
MITの研究チームはレーザーを使った超低温技術で実験を行い、実際に原子が光の散乱を38%も低下させるのを確認したと報告。
私たちは原子にぶつかった光(光子)が散乱し、物質を見ることができます。原子を超低温状態で、隙間なく高密度に配置したとき、光子がぶつかったエネルギーを散乱させる余地がなくなるため、原子が透明化するという予想
>原子を超低温状態で、隙間なく高密度に配置したとき、光子がぶつかったエネルギーを散乱させる余地がなくなるため、原子が透明化するという
ワクワクする話だ。
SFの透明化はこれだった説…?
宇宙の温度より低くするのって大変そうだ。
ただし人は死ぬ

> 完全な絶対零度を実現できた場合には

透明人間になれると判明
透過する原子。おもしろい。
:ナゾロジー
以上
 
PR
PR