がん細胞に「体内を泳いで薬を届ける」形状変形マイクロロボットが登場 - ナゾロジー

14コメント 2021-11-19 18:10 ナゾロジー

中国はがん療法の副作用を抑えるため腫瘍へ直接薬剤を届けるゲル状の極小ロボットを開発。磁石で誘導されpHを感知して咥えていた薬剤を放出します。3Dプリントのためやりすぎなほど動物形状になってます

ツイッターのコメント(14)

🎉朗報です♪

がん細胞に「体内を泳いで薬を届ける」形状を変化させ 薬剤を放出‼️
マイクロロボットが登場!

極小サイズ、ハイドロゲル(3Dプリント)ロボットを使い、がん細胞だけに直接薬剤を届ける方法‼️

▶副作用のない、✨苦痛の少ない治療の実現に期待したいです✨
すっごいけど、、何か怖い(´・ω・`;)
ミクロの決死圏現実版か。未来だなー。
魚やカニなどユニークな形状をしたマイクロロボットは、磁気でがん細胞まで誘導されpHの変化で形状変化して掴んでいた薬剤を放出します。
磁石で誘導って事は
磁性ナノハイドロゲル…量子ドットか

魚やカニなどユニークな形状をしたマイクロロボットは、磁気でがん細胞まで誘導される
腫瘍の周辺は酸性の微小環境となっている為、マイクロロボットは目的の腫瘍周辺に到着するとphの変化で形状変化し薬剤を放出する
ゲルの応用技術を見ると大学院時代の研究を思い出すのう(๑´ω`๑)

陰謀論者が騒いでたら、潤沢な背景知識でフルボッコにして差し上げましょう
マイクロマシン療法まで出てきたか
攻殻機動隊の世界が近付いてきている
この動画、なかなかの迫力です。マイクロゲルの3Dプリンティング。やわらかい造形物と、その動きで、新しさを狙うなら生物っぽくするのが常套手段になっくると思います。
面白い🤣
こんなすごい事が未来待ってる!
マイクロロボットの形状が可愛いけど、中国の研究チームというのが心配。
すごいの一言。。。
ナノマシンっぽいやつじゃないですか!
以上
 
PR
PR