“2つの顔”のネコ、「ビーナス」の謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

“2つの顔”を持つ「ビーナス」は現在、世界で最も有名なネコだ。この3歳になるトータシェル(オレンジと黒などのまだら模様。白が加わると三毛ネコと呼ばれる)のメスは、フェイスブックに自分のページを持っていて、ユーチューブに投稿された動画は100万回再生され、先週はテレビ番組「トゥデイ」にも出演した。...

Twitterのコメント(3)

@aicat_fukushima 福島にも顔面二色ぱっかーん猫が降臨したのですね♪
“2つの顔”のネコ、「ビーナス」の謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
猫さんの模様でよく見かける正中線で左右の体色が違う 例: のは(ビーナスの場合、耳の毛色が左右でポジ/ネガの関係にあるように) 卵細胞分割時に外肺葉が正中線で分かれたからだと思ってる。うちのミカンさんも左右ネガ/ポジだった。
「ビーナスはきわめて珍しい存在だ。しかし、これを説明し、理解することは不可能ではない」
以上

記事本文: “2つの顔”のネコ、「ビーナス」の謎 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事