TOP > 科学・学問 > 第4回 世界初! 寄生虫が異なる生態系をつなぐことを証明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

第4回 世界初! 寄生虫が異なる生態系をつなぐことを証明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

カマドウマとハリガネムシの次に目指すのは渓流魚である。陸域の生き物が、寄生虫に操作されて川に飛び込むことが、川の生き物にどのような影響を及ぼしているのかが研究の勘所なのだ。...

Twitterのコメント(17)

つまりカマドウマ型ルアーを作ればイワナががっぽがっぽ釣れるのでは

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
《陸域の生き物であるカマドウマが、寄生虫のハリガネムシに行動操作されて川に飛び込むことが、川の生き物にどのような影響を及ぼしているのか》 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ムッチリとしたカマドウマの話
素晴らしい。全く驚異的だ。人間社会でも社会の寄生虫が別の社会との紛争を拡大してくれるのに似てるな。炎上のカロリーは莫大だ
ハリガネムシパイセンすげぇ\(^o^)/さすがやで。カマキリとか水のある溝で死んでるの大体パイセンの仕業\(^o^)/
世界は多面的に構成されている。
ハリガネムシ。まさかそんな風に機能していたとは。カマドウマ。やはり栄養たっぷりか。
カマドウマ!確かにぷりっぷりでうまそうだが
これは!面白いです 世界のつながり
この記事面白いなぁ。
寄生虫の生活って簡単には想像しえないロマンが詰まっとるなあ。
ハリガネムシが寄生して
川に虫を落としていたとは!
しゅごい!
「生態学2」と「陸水生態学」でこういう話を伺った気がする
特に渡辺教授は詳しかったような
ハリガネムシのような寄生虫が新たな有機物(昆虫)を別の生態系に供給してくれるの、面白いよね
ちょっと前の記事だけど、ハリガネムシとカマドウマが支える生態系とか、めっちゃ興味深いな!
これは、面白そう!→
「カマドウマが水に飛び込むのは1年のうちで3カ月くらいだけなんですが、その時期に渓流魚が得る総エネルギー量の9割以上くらいがカマドウマです」|
つまり天然渓流魚の9割はカマドウマでできている。通ぶって腹かぶりつくのは避けたいなぁ。
以上

記事本文: 第4回 世界初! 寄生虫が異なる生態系をつなぐことを証明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事