第6回 もしも異星で生命が見つかったら何が起きる? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

宇宙生物学者として土星の衛星エンケラドス探査の準備を進めている藤島皓介さん。もし異星で生命が見つかったら、どのような影響があるのだろうか。...

Twitterのコメント(8)

素敵~~~
(ナショナル・ジオグラフィック) 研究室に行ってみた。東京工業大学 宇宙生物学 藤島皓介 (文=川端裕人、写真=内海裕之) 【日経BPネット】
「相対速度が秒速4~6キロメートルって、マッハでいうと12~18くらいなんですよ。」 その状態で試料を取ろうなんて頭クラクラする。
>我々以外に生命がいたってことが分かった瞬間に、つまり太陽系内で2種類違う生命体が見つかった瞬間に、恐らくこの宇宙は生命であふれかえっているという意識になりますよね。
最後のあたりの話は願望でしかないかもしれないけれど、今までのどの思想家宗教家の言葉よりも胸をうたれた。
東工大ELSI藤島研究員インタビュー最終回。エンケラドゥス探査の際、何をどうやって探すか→非生物由来で生成されないペプチドをエアロゲルを用いて/エンケラドゥスにいる可能性のある生命の姿 / “ | ナショナルジオグ…”
最終回をアップ!── 東工大藤島康介 聞き手川端裕人
土星の衛星エンケラドス探査への準備と期待など。(4頁)

| ナショジオ
以上

記事本文: 第6回 もしも異星で生命が見つかったら何が起きる? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事