第1回 そもそも「宇宙生物学」って何ですか? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

宇宙生物学の中心地NASAのエイムズ研究センターの博士研究員を経て、最前線をひた走る東京工業大学(ELSI)の藤島皓介さんの研究室に行ってみた!...

Twitterのコメント(18)

「セントラルドグマの仕組みを研究する中で、藤島さんは自然と『生命の起源』とい…」

私は炭素と同族の珪素型生物が存在し得ないものかと兼ねてから思っていた。しかし珪素型に期待をかける迄もなく、炭素型生物が宇宙にはいそうだ。

 そもそも「宇宙生物学」って…
これ一気に読んだ。宇宙生物学から地球上の生命の起源を解き明かそうとする試み。藤島さん、USで何度かお会いしたけど、話のスケールが大きくてめっちゃ面白い
あとでよむ

そろそろ現実味を帯びてきた…かなぁ
楽しそ〜。

宇宙生物学(アストロバイオロジー)という研究ジャンル。
引用〈「我々が、現時点で知っている生命というのは地球の生命、ただ1種類なんですよね。では、この宇宙において、生命がその1種類だけかという問題が常にあります。(略)」〉 /
東工大ELSI藤島皓介研究員インタビュー第一回。慶應大学院時代にやっていたアーキアのシステム生物学的研究について / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
研究室に行ってみた。東京工業大学 宇宙生物学 藤島皓介
"「宇宙生物学研究の関心というのは、宇宙における『生命の起源』と『生命の分布』、そして人類を含めた『生命の未来』なんですね。この3つの関心の中にすべてがおさまっていると言っていいと思います」"
研究室に行ってみた。東京工業大学 宇宙生物学 藤島皓介 2019.03.04
東京工業大学の藤島先生の連載。後で読む→
"いろんな階層で生物が実際にどういうプロセスを生体内で行っているのかというのを見ていく。で、その階層同士のつながりをシステムとして統合してとらえる"
なんで「宇宙で生命を探す」って、地球と同じような生物を前提にしているのか不思議でならない。金属生命体がいても不思議じゃないのに。
まぁ、そうしないと候補絞れないのか
シリコンバレーに住んでいた時にNASAのエイムズ研究センターを案内してくれた藤島先生の記事: 宇宙生物学とは
出た!「セントラルドグマ」
ロマンあるなぁ
フジシマサーン!
宇宙(地球含む)における生命の起源、分布、未来を考えるのだそうです。インタビューに基づく6ページの記事。

| ナショジオ
| ナショナルジオグラフィック日本版サイ 東工大藤島皓介 聞き手川端裕人
以上

記事本文: 第1回 そもそも「宇宙生物学」って何ですか? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト