第6回 こんなサプリメントにご用心 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ちまたに溢れる食品情報と、ぼくたちはどうつきあっていけばいいか。まずは栄養成分レベルから。つまり、サプリメントの類はどうだろう。...

Twitterのコメント(16)

>部分部分は正しくても、全体としてはつぎはぎだらけで疑わしいことも多い。また、かりに十分に妥当な内容でも、サプリとして摂取したときの効果の証拠があるものは少ない。
「エビデンスがないから、メカニズム論に傾倒するのだと考えるといいかもしれません」
バレリアン買おうか悩んでるんだけど……。
"栄養疫学の歴史で注意すべきこととして、サプリメントの服用で死亡率が上がるという衝撃的な結果が出たことがあるんです" /
素人だから、プラシーボでも効果があればいいだろうと考えてしまうけど、文中で副作用の具体例も上げられている通りに、思いもしない副作用のある可能性もあるのかー。難しいね。そうか信頼のできる専門家に相談か。なるほどねφ(..)メモ /
こんなサプリメントにご用心(ナショナルジオグラフィック)栄養疫学研究者に聞く。貧血や疲労感を抱いてサプリの利用も考えたいのなら、食生活などの生活習慣を見直すことも選択肢にいれつつ、臨床医や栄養士にお世話になるのが適当
もうさ「栄養疫学の歴史で注意すべきこととして、サプリメントの服用で死亡率が上がる」って方が多いそうなので、みんな騙されるのやめようよ。プラセボより悪いやつやで?
信用おけるのはビタミンとカルシウムを補う事ぐらい。栄養効果についてはエビデンスがないからむやみに飛び付かない事だね。
第6回 | ナショナルジオグラフィック
「βカロテンのサプリメント服用によって喫煙者など特定のグループで死亡率が上がるということが分かりました。その一方で、重篤な疾患に対する有効性を示す研究はまったく出ていません。」
効果ないの?(°_°)
長々と読んだ最後の5行がごもっとも過ぎる助言でわろた
要するに基本は食生活や生活習慣の改善に努めて、それでも体調面に不安があるなら専門家の意見を参考にしつつ摂取するのが良い、と。
仰々しい謳い文句が目立つサプリメントや健康食品の類は敬遠してますが、やっぱり必要なければ必要ないで済むってことじゃ。
Stephen M. Stahl……カリフォルニア・ロケット……おっと誰か来たようだ😎

「メカニズムとして合理的に思えても、実際に効くとは限らないし、思いもしない副作用の可能性は常にある」
"メカニズムとして合理的に思えても、実際に効くとは限らないし、思いもしない副作用の可能性は常にある" /
後で読む。…「すぐには飛びつかない」 総合的な効果はよく分からないことが多い。新規な栄養素で、その働きについてメカニズムを中心に語っているものは要注意。
とてもわかりやすい。>>>
| ナショナルジオグラ「栄養疫学応用編」です。サプリはちょっとご用心──フィック日本版サイト 栄養疫学今村文昭 聞き手川端裕人
「「メカニズムとして合理的に思えても、実際に効くとは限らないし、思いもしない副作用の可能性は常にある」ことを肝に銘じることも大事」合理的なメカニズムでさえ慎重な態度が必要なのだから飲めば治るなんて眉唾 /
以上

記事本文: 第6回 こんなサプリメントにご用心 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事