第6回 なぜ薬物使用疑惑をスクープにしてはいけないのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

違法薬物報道の仕方によって、使用者が増えるのを避けるために、松本さんは、「薬物報道ガイドライン」を公表した。...

Twitterのコメント(8)

社会的な闇が、背景にあると示唆されているのだから。
つかまぁ一番の問題はテレビ・マスメディアの視聴率・販売数依存症だろうなぁ。それを”治療”しないことには露出目当ての過激かつ不当な表現方法は改まるわけもない。(-_-)
「その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行うべきではない」
・「人間やめますか」のように、依存症患者の人格を否定するような表現は用いないこと
・薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと
"薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと"

これは出演した作品を販売中止にすることも含まれるのかな?

"第6回 なぜ薬物使用疑惑をスクープにしてはいけないのか"
無知の知。 / 第6回 なぜ薬物使用疑惑をスクープにしてはいけないのか
”・「白い粉」や「注射器」といったイメージカットを用いないこと”
↑これ見ると、またやりたくなってしまうそう。
”・逮捕された著名人が薬物依存に陥った理由を憶測し、転落や堕落の結果薬物を使用したという取り上げ方をしないこと”
読んだ。「薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと」を願う。むずいが。
以上

記事本文: 第6回 なぜ薬物使用疑惑をスクープにしてはいけないのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事