第98回 40代までに始めたい睡眠による認知症予防 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

睡眠不足や不眠は代表的な認知症であるアルツハイマー病の罹患リスクを高めるという調査結果が繰り返し報告されている。では、最近物忘れが気になりだした人が快眠法に励んだとして、果たして効果はあるのだろうか。...

Twitterのコメント(10)

リタイア世代にとって糖尿病や高血圧と並んでとりわけ関心が高いのは「睡眠と認知症」の関係である。リタイア後からの取り組みでは残念ながら「後の祭り」である可能性が高い。
若いうちからよく寝ておかないと認知症の原因となるアミロイドβが脳に溜まり、脳のダメージが取り返せないという話 /
認知症対策として、まだ忙しい40代の頃から、睡眠を良くすることを心がけるといいかもしれないねという、三島和夫先生によるコラム。
ふむふむ。三島先生の連載は第98回目!──
生まれた時から不眠症の自分としてはどうすりゃいいのやら😱
寝不足を舐めてる皆さん:
今日のLS活動ほっぽりだして早く寝たい~
これからの時期、睡眠が本当に大事です。
これから先にかかわってきます。

良質の睡眠を!ぜひ。
睡眠研究者の三島和夫先生による記事。

自分の睡眠について関心を持ち始めるのは60代になってからという人が多いですが、40代から睡眠の質を高めるようにすることで、認知症の予防につながる そうです。 #睡眠
40代、50代のうちから快眠しておかないと、60代以降に認知症が出たら既に打つ手がない、という嫌な話が書かれています。

| ナショジオ
以上

記事本文: 第98回 40代までに始めたい睡眠による認知症予防 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事