第101回 睡眠と認知症と「夕暮れ症候群」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

日中は穏やかに過ごしていた人でも、夕方近くになると少しずつ落ち着きがなくなり、徘徊や独り言が始まったり、時には興奮して叫び声を上げたりする様子がしばしば見られる。このように夕方から夜間にかけて認知症患者が不穏になる現象を「夕暮れ症候群」と呼ぶ。...

Twitterのコメント(3)

「夕暮れ症候群」で色々と対処が大変となるらしい⁉︎
朝から、睡眠の話だけど💦
ちょっと興味深いので〜
…高齢者の健康実態コラム、として、ものすごく「もっともらしい。」解説が為されてるけど、とどの詰まり『老人性の乳幼児退行現象。』であって、赤ちゃんがグズるのと一緒のメカニズムだろうに。昭和の時代には既に解明されていた、老人医療の常識の一つ。
以上

記事本文: 第101回 睡眠と認知症と「夕暮れ症候群」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事